- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、ジョコら 最終戦の戦績

男子テニスの最終戦であるATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)は7日に組み合わせ抽選が行われ、グループ・ジョン マッケンローには錦織圭A・マレー(英国)S・ワウリンカ(スイス)M・チリッチ(クロアチア)、もう一方のグループ・ イバン レンドルにはN・ジョコビッチ(セルビア)、M・ラオニチ、G・モンフィス(フランス)、D・ティエムが入った。

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

錦織は2014年に第4シードで初出場を果たし、予選ラウンドロビンではR・フェデラー(スイス)に敗れたが、D・フェレール(スペイン)とマレーを下して決勝トーナメントに進出。準決勝で第1シードのジョコビッチにフルセットで敗れた。

2015年は予選ラウンドロビンでT・ベルディヒ(チェコ共和国)を破ったが、ジョコビッチとフェデラーに敗れて、2年連続の決勝トーナメント進出とはならなかった。

7日発表の世界ランキングで自身初の世界ランク1位に上り詰めたマレーは、3年連続の出場。昨年は予選ラウンドロビンでR・ナダル(スペイン)とワウリンカに敗れた。

世界ランキングで2年ぶりに2位へ後退したジョコビッチは、昨年のATPワールドツアー・ファイナルズ決勝でフェデラーを破って史上初となる4連覇の快挙を達成すると同時に5度目の優勝を飾っている。

14日に開幕するATPワールドツアー・ファイナルズに出場するのは、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカ、ラオニチ、錦織、モンフィス、チリッチ、ティエムの全8選手。

8選手の過去の成績は下記の通り。

【錦織圭】
2014年:ベスト4
2015年:予選ラウンドロビン敗退

【アンディ・マレー】
2008・2010・2012年:ベスト4
2009・2011・2014・2015年:予選ラウンドロビン敗退

【ノヴァーク・ジョコビッチ】
2008・2012-2015年:優勝
2010年:ベスト4
2007・2009・2011年:予選ラウンドロビン敗退

【スタン・ワウリンカ】
2013-2015年:ベスト4

【ミロシュ・ラオニチ】
2014年:予選ラウンドロビン敗退

【ガエル・モンフィス】
初出場

【マリン・チリッチ】
2014年:予選ラウンドロビン敗退

【ドミニク・ティエム】
初出場






■関連ニュース■ 

・錦織、最終戦確定「ワクワク」
・錦織「初体験」を満喫
・錦織「なんで俺をセンターに」
(2016年11月8日16時13分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!