- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

堀江亨は初戦敗退、全豪Jr

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は24日、ジュニアのシングルス1回戦が行われ、堀江亨や村松千裕ら6選手が登場した。

>>全豪オープン対戦表<<

堀江はM・パーセル(オーストラリア)に2-6, 2-6のストレートで敗れた。住澤大輔と田中優之介も登場したが、いずれもストレートで敗れて初戦敗退となった。

堀江は、2015年の全日本ジュニア16歳以下決勝で西宮甲英高の清水悠太をストレートで下して優勝を果たした。

女子では、第12シードの村松千裕と清水綾乃が2回戦進出を決め、宮本愛弓は1回戦で姿を消した。

村松は昨年も全豪オープンジュニアに出場しており、その時は3回戦で敗れるもベスト16入りを果たしている。宮本はITFジュニアサーキット グレードAの大会である世界スーパージュニアテニス選手権大会のダブルスで、荒川晴菜とペアで出場し見事優勝を飾った。

前日に行われたジュニアのシングルス1回戦には、男子から第13シードの綿貫陽介と野口莉央の2選手、女子からは第13シードの本玉真唯、荒川晴菜、相川真侑花、末野聡子の4選手が登場したが、綿貫以外はいずれも1回戦敗退となった。

日本勢で2回戦へ勝ち進んだのは男女を合わせて12選手中、男子は綿貫、女子は村松と清水の3選手のみとなった。

また、この日はジュニア部門の女子ダブルスも行われ、第8シードの相川真侑花/ 村松組、末野聡子/ 佐藤南帆組、宮本/ C・シュアン(台湾)組が登場。相川/ 村松組と宮本/ シュアン組が初戦を突破し、末野/ 佐藤組は敗れた。

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・全日本Jr 優勝の堀江「嬉しい」
・全豪 村松千裕ベスト8逃す
・荒川・宮本組がV喜び語る
(2016年1月24日18時41分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!