- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

IPTL フェデラー連敗ストップ

テニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)のシンガポールラウンド(シンガポール/ハード)は18日、R・フェデラー(スイス)が所属するUAE・ロイヤルズがS・ワウリンカ(スイス)らのシンガポール・スラマーズに27−23で勝利した。

この日のミックスダブルスは敗れるも、D・ネスター(カナダ)とのダブルスとシングルスを制したフェデラーは「昨年のIPTLでは素晴らしい時間を過ごせた。だから今年もこうして戻って来た。最高のフォーマットだし、チームの雰囲気も最高なんだ。」と語った。

「例え負けてもベンチにはチームが一丸となっていてくれたのを感じられたのは素晴らしいことだった。個人的にはレジェンド達のシングルスを見て、とても楽しむことが出来た。彼等のプレーを見れたし、真剣に戦ってもいて、未だにフィットしている。」

また、フェデラーは「ここシンガポールでプレーしたのは初めてだった。今夜の観客は素晴らしかった。自分を応援しにきてくれたのは嬉しかったし、このIPTLでは連敗中だったけど、こうして勝つことが出来てとても満足している。」と喜びを話した。

対戦結果は以下の通り。

【シンガポール・スラマーズ vs UAE・ロイヤルズ 23−27】

1.レジェンドシングルス
C・モヤ(スペイン) 4-6 G・イバニセビッチ(クロアチア)

2.女子シングルス
Ka・プリスコバ(チェコ共和国) 5-6 (6-7) K・ムラデノヴィック(フランス)

3.ミックスダブルス
D・ブラウン(ドイツ)/ Ka・プリスコバ 6-3 R・フェデラー/ K・ムラデノヴィック

4.男子ダブルス
S・ワウリンカ/ M・メロ(ブラジル) 4-6 R・フェデラー/ D・ネスター

5.男子シングルス
S・ワウリンカ 4-6 R・フェデラー

IPTLでは1試合6ゲーム先取の特殊なルールで行われる。ゲームカウント5−5になった際はシュートアウト(7点先取のタイブレーク方式)を適用。男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、男子レジェンドシングルスの1セットマッチを行い、5試合の獲得ゲーム数が多いチームの勝利となる。

ゲーム獲得率によって順位が決定し、5節を終え獲得ゲーム率が高い上位2チームが決勝で優勝を争う。

IPTLは日本から始まり、フィリピン、インド、アラブ首長国連邦、シンガポールへと会場を移し、12月20日まで行われる。また、WOWOWではIPTLの全日程を生放送する。






■関連ニュース■ 

・錦織 BIG4対抗馬1位
・錦織vsペール 番狂わせ2位に
・錦織がフェデラー上回る
(2015年12月19日15時13分)

その他のニュース

8月22日

マレー 14年ぶりCH出場へ (20時38分)

ペール8強「本当にうれしい」 (16時02分)

ナダル 西岡ら全米会場で練習 (11時11分)

アニシモワ 父の急死で全米欠場 (11時02分)

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

清水綾乃 全米予選2回戦敗退 (6時22分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!