- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

低迷の米にレンドルがJr指導

男子テニスで8度のグランドスラム優勝を誇る元世界ランク1位のI・レンドル(アメリカ)が、再びコーチとしてテニス界に戻ってくることが明らかになった。全米テニス協会の選手育成プログラムの一環としてジュニアの指導を担う。

かつてA・マレー(英国)のコーチとして、マレーをグランドスラム優勝へ導いたレンドルは、15歳から16歳の6名ほどのアメリカ人男子ジュニアの指導を全米テニス協会から任されコーチの職に復帰する。

現在55歳のレンドルは先月下旬に行われた強化合宿を含め、この一年間で50日間を全米テニス協会の指導者として費やすことを了承した。

「若い選手達と共に過ごすことを楽しんでいる。彼らを指導し導くことを主にしている。彼らが一生懸命何かを学ぼうとしている姿勢を見ていることに楽しみを感じている。色々な質問をしてくるし、色んなことにトライしている。必死に上達しようとしているんだ。」とレンドルは、電話でのインタビューに答えていた。

全米テニス協会は10日、レンドルを含む3人の元プロテニス選手をアメリカのジュニアの指導者として発表。レンドル、M・フィッシュ(アメリカ)J・クレイバス(アメリカ)の3人は全米テニス協会に所属するコーチとなる。

元世界ランク7位で今季引退したばかりのフィッシュと、全米大学テニス選手権を制しプロとしてもトップ50入りを果たしたクレイバスは、11月の終わりから12月にかけて行われる来シーズンへ向けての強化合宿に参加する。フィッシュはカリフォルニアで6・7人を、クレイバスはフロリダで10名ほどの女子選手を指導する。

今年の4月からP・マッケンロー(アメリカ)に代わって選手育成プログラムの部長を任されたM・ブラックマンは「その合宿は、かつて最高のレベルでプレーしていた選手達と関わり合い、技術を学ぶ機会を若い選手達に与えてくれる。同時に、その選手達が目標としていることのレベルがどれくらいなのかを実感させてもくれるだろう。」と期待を寄せている。

19度グランドスラム決勝の舞台に立ったレンドルはATPツアーで通算94勝を誇り、2001年にテニス殿堂入りを果たしている。コーチとしても、マレーを2012年の全米オープン優勝と2013年のウィンブルドン優勝へ導いた実績がある。

また、トップ選手のコーチに戻る可能性を問われたレンドルは「そうなるかは分からないし、いつ、どんなレベルの選手を指導するか分からない。納得のいくような何かが訪れると、いつだって喜んで考慮する準備は出来ている。」と受け入れる可能性を示唆していた。

しかし、今のところはアメリカの10代の選手達と時間を費やすつもりでいるレンドル。その選手達はかつてマレーのチームの一員だったフィットネス・トレーナーのJ・グリーンからもトレーニングの指導を受ける。

「将来どんなテニスをしたいか、どんなプレースタイルに成りたいか、憧れの選手は誰かを尋ねて、そして弱点や改善点を見いだすんだ。それからその弱点を改善するプログラムをつくり出す。」

「そうして彼等を道へ導く手助けをしていることを本当に楽しんでいるんだ。もちろん、彼等の意見が全く納得出来ない場合を除いてだけどね。」とレンドルは現在の気持ちを語っていた。

そして含み笑いを浮かべながら「2メートルを超えるような選手がラファ(ナダル)のような選手になりたいと言うなら、更なる話し合いをもつだろう。」と加えていた。

現在アメリカ男子テニス界は低迷期を迎えている。2003年の全米オープンでA・ロディック(アメリカ)が優勝してから、グランドスラムのチャンピオンが出ていないばかりか、2011年以降、グランドスラムの準々決勝に辿り着いた選手はいない。

また女子でも、S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)の姉妹を除くと、2005年以降にグランドスラムの決勝へ進出した選手はいない。

「何が悪いのか、自分に言う資格はない。それでもブラックマンと多くの話し合いをしてきた。どうやって若手と向き合ったら良いかをね。」とレンドルは苦悩する気持ちも明かしていた。

今週発表の最新の世界ランクでは、トップ20にいるアメリカ人男子は11位のJ・イズナー(アメリカ)のみ。それ以外ではトップ50に4選手、トップ100に7選手となっている。

女子では、世界ランク1位にセリーナ、7位にヴィーナス、それ以外はトップ50に7選手、トップ100に13選手いる。

ブラックマンは「成功をおさめている他の国のテニス協会は、スペイン、フランス、オーストラリアなどで、そのやり方はプロとして経験のあるコーチと、かつて成功を収めて才能を兼ね備えた元選手とを融合した指導をしている。」と持論を述べていた。

「最後に成功を収めたアメリカ人チャンピオン世代とは、そんな関係に少し隔たりがあった。今やろうとしていることは、かつてのチャンピオン達を招き入れ再びコーチとして働いてもらうために、よりシステム化しより戦略的になろうとしている。」とブラックマンは加えていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・マレーがレンドルとの関係に終止符
・マレーの元コーチ 復帰「まだ早い」
・フィッシュ テニス人生終幕
(2015年11月11日12時05分)

その他のニュース

5月21日

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

【告知】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (13時19分)

【告知】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (11時53分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】ナダル 大歓声のなかフィリップシャトリエへ (0時00分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!