- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 問題児キリオスを評価

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会2日目の1日に注目の男子シングルス1回戦が行われる。それは第3シードのA・マレー(英国)N・キリオス(オーストラリア)の対戦。

>>全米オープン対戦表<<

8月12日にカナダで行われたロジャーズ・カップ2回戦でキリオスはS・ワウリンカ(スイス)に勝利するも、試合中にキリオスが発した言葉をコートサイドのマイクが拾った。それは、キリオスと同胞のT・コキナキス(オーストラリア)がワウリンカのガールフレンドと関係を持ったとする下世話なものだった。

そのことからキリオスはATPから罰金を課せられる処分を下されていた。

テニスで素晴らしい才能を発揮しているものの、キリオスの試合では何か起きるのではということに注目が集まっている。

キリオスの名を世界に知らしめたのは昨年のウィンブルドンで、その時はR・ナダル(スペイン)を下す大金星をあげて準々決勝進出を果たした。そして、今年は地元の全豪オープンでもベスト8入りを果たし、ウィンブルドンでも4回戦進出と、実力を証明している。

しかし、マレーはそんなことには動じていない。それは、これまでの対戦でキリオスに苦しめられていないことも要因かもしれない。両者は今年の全豪オープンと全仏オープンで対戦しているが、いずれもマレーがストレートで勝利している。

「ここにいる誰もが19歳や20歳の頃には悪いことや間違いを犯していたはずさ。ただ彼(キリオス)は不運なことに、多くの人の前でそれをやってしまったんだ。そして、それはとても良くないことでもあった。」

「でも、彼はまだ若い。人それぞれ成長には違いがあるもの。きっと学んでくれると思うし、それほど悪い奴ではないと思っている。悪い人間なんかではないんだ。彼は本当にポテンシャルの高い才能に満ちた選手。」と、マレーはキリオスを評価した。

両者の試合は、現地火曜日にアーサー・アッシュ・スタジアムのナイトマッチ第1試合に組まれている。マレーはその試合で、キリオスがカナダでの出来事を引きずりながら試合に臨むとは思ってはいない。

「正直なところ、彼は大きな舞台で試合をするのが好きだと思う。これまで彼の試合を見ていても、そういう時には最高のプレーをしていた。きっと、しっかり準備して試合に臨んでくるはず。」と、キリオス戦に気を引きしめていた。

ワウリンカとコキナキスも、別のコートで火曜日に1回戦を迎える。

(STATS - AP)

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・錦織撃破ペール「相当嬉しい」
・錦織破る波乱の立役者ペール
・昨年準V錦織 今年は初戦敗退
(2015年9月1日10時46分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月24日

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

2月23日

内山が杉田破りドバイ本戦へ (20時06分)

望月慎太郎 初のCHで複準V (16時45分)

ジョコがチリッチと複で登場 (16時39分)

2週連続の決勝進出 初Vに王手 (14時36分)

ジョコらドバイ組み合わせ発表 (13時19分)

死闘制し20勝目「気分いい」 (13時14分)

西岡良仁「雨に助けられた」 (11時43分)

ナダル、ズべレフらが登場 (11時41分)

ティーム破る金星「感動的」 (10時48分)

西岡 デルレイビーチOP決勝へ (8時41分)

波乱 ティーム128位に敗れる (6時24分)

2月22日

ティーム、リード許し順延 (18時58分)

西岡良仁 世界ランク最高位へ (12時05分)

右ひざ手術「昨年に負傷」 (10時57分)

20歳リバキナ 2週連続決勝へ (10時14分)

メドヴェデフ完敗 4強ならず (9時53分)

西岡良仁 今季初の4強進出 (7時23分)

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!