- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

最終戦 錦織は6位、ナダル8位

今年の11月15日から開幕する男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、ハード)。この大会は、ATPツアーの最後を飾り、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場できる。男子テニスの13日に発表された「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)では、他選手と大差をつけて1位にN・ジョコビッチ(セルビア)、2位にA・マレー(英国)、3位にS・ワウリンカ(スイス)となった。

今季獲得ポイントランキングは以下の通り。

1位:N・ジョコビッチ 9,585ポイント

2位:A・マレー 5,700ポイント

3位:S・ワウリンカ 4,590ポイント

4位:R・フェデラー(スイス) 4,525ポイント

5位:T・ベルディヒ(チェコ共和国) 3,480ポイント

6位:錦織圭(日本) 2,975ポイント

7位:D・フェレール(スペイン) 2,915ポイント

8位:R・ナダル(スペイン) 2,855ポイント

以上8選手が、現在の段階で最終戦出場が圏内となっている。現在断トツ1位のジョコビッチは、全豪オープン、ウィンブルドンを制し、今季は既に6勝をあげている。

6位の錦織は、今年のウィンブルドンで足の負傷のため2回戦を前に棄権し、早い段階で姿を消したが、今季はメンフィスとバルセロナで優勝を果たしている。

今季不調のナダルは、現在8位となっている。250大会で2度優勝しているが、ビッグタイトル獲得には至っていない。


また、10位までの選手は以下の通り。

9位:R・ガスケ(フランス) 1,770ポイント

10位:M・ラオニチ(カナダ) 1,720ポイント

先日のウィンブルドンで4強入りを果たしたガスケは、前回から7つジャンプアップして9位に浮上。8位圏内まであと1歩のところに迫った。




■関連ニュース■ 

・錦織6位へ ジョコ断トツ1位
・賞金女子はトップ3変動
・錦織変わらず V2ジョコ独走


■最新ニュース■ 

・ジョコ不在 セルビアがピンチ
・マレー 試合終盤で会場沸かす
・大暴れ ラケット破壊キリオス
(2015年7月18日18時41分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!