- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊達組完敗 わずか45分

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は3日、女子ダブルス2回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)/ F・スキアボーネ(イタリア)組が第1シードのM・ヒンギス(スイス)/ S・ミルザ(インド)組に0-6, 1-6のストレートで敗れて3回戦進出とはならなかった。

【会場でしか買えない 全英タオル】

この試合、クルム伊達/ スキアボーネ組は、世界トップの力を前に為す術がなかった。スキアボーネのコースをつくストロークやクルム伊達のボレーなど良いプレーが決まる場面もあったが、ヒンギス/ ミルザ組には及ばず、わずか45分で敗れて2回戦で姿を消した。

クルム伊達は今年の全仏オープンもスキアボーネと組んで1回戦を突破。昨年のウィンブルドンではB・ストリツォワ(チェコ共和国)と組んで2回戦進出を果たしており、最高成績はS・チャン(中国)とペアを組んだ2011年の3回戦進出となっている。

四大大会のダブルスでは、2014年の全米オープンにB・ストリツォワとペアでベスト4入りを果たしたのが最高成績。

クルム伊達のペアであるスキアボーネは、2010年の全仏オープンで自身初、そしてイタリア人女性として初のグランドスラム優勝を飾った。

一方、勝利したヒンギス/ S・ミルザ組は、3回戦で第16シードのA・メディーナ=ガリゲス(スペイン)/ A・パーラ=サントンハ(スペイン)組とM・イラコビッチ(ニュージーランド)/ H・ワトソン(英国)の勝者と対戦する。

現在ヒンギス/ S・ミルザ組は女子ダブルスの世界ランキングでトップの座におり、今季は3大会連続で優勝を果たしている。

ヒンギスは、女子シングルスの元世界ランク1位に君臨していた実力者。1997年全豪オープンの女子シングルスでグランドスラム初タイトルを獲得した。当時ヒンギスは16歳と3ヶ月。女子シングルスでの最年少記録だった。

その後、3月に初めて世界ランク1位となった時には、16歳と6ヶ月という若さで史上最年少記録となり、数々の記録を塗り替えてきた。

【ウィンブルドン 女子ダブルス対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・クルム伊達組 完勝
・伊達&元全仏女王 大逆転勝利
・クルム伊達 涙の途中棄権


■最新ニュース■ 

・ジョコ 若手に実力見せつける
・キリオス 逆転でリベンジ成功
・ナダル撃破ブラウン 自画自賛
(2015年7月4日5時20分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!