- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

竜馬が本戦 ツォンガは辞退

男子テニスツアーのトップシェルフオープン男子(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝)は8日、男子シングルス予選3回戦の決勝が行われ、世界ランク106位の伊藤竜馬(日本)が同185位のJ・ヘルニチ(チェコ共和国)を6-4, 6-4のストレートで下し、本戦進出を決めた。

伊藤竜馬は試合を通して、ヘルニチに3度のブレークを許すも、それを上回る5度のブレークに成功。自身のサービスゲームではファーストサービスを67パーセントの確率で入れて試合の主導権を渡さずに1時間25分で勝利、本戦出場を果たした。

予選に第4シードとして出場した伊藤竜馬、1回戦で主催者推薦出場のP・ベッセル(オランダ)、2回戦でM・レイド(オーストラリア)、決勝でJ・ヘルニチをいずれもストレートで勝利し、予選を勝ち抜いている。

本戦1回戦では、世界ランク93位のR・ベランキス(リトアニア)と対戦。また、勝ち進むと第5シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と顔を合わせる。

伊藤竜馬は、2012年の同大会に出場しており、その時は準々決勝でB・ペール(フランス)に敗れた。

今大会の上位シードは、第2シードにD・ゴフィン、第3シードにR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第4シードにG・ガルシア=ロペス(スペイン)、第5シードにカルロビッチ、第6シードにA・マンナリノ(フランス)、第7シードにF・ベルダスコ(スペイン)、第8シードにJ・ソウサ(ポルトガル)、第9シードにV・ポスピシル(カナダ)

また、全仏オープン準々決勝で錦織圭(日本)を下したJW・ツォンガ(フランス)が第1シードとして出場予定であったが、今大会出場を辞退している。


■関連ニュース■ 

・伊藤竜馬 思わぬ形で本戦初勝利
・伊藤竜馬 日本人対決制し8強
・伊藤竜馬 大会初勝利なるか


■最新ニュース■ 

・奈良 芝初戦は見事な逆転
・スタン全英へ「V喜ぶ時間なし」
・37歳ハース復帰 約1年ぶり
(2015年6月9日14時06分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!