- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ「全てを水に流す」

女子テニスでBNPパリバ・オープン女子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)に第1シードでエントリーしているS・ウィリアムズ(アメリカ)は金曜日に初戦を迎え、2001年に優勝して以来となる出場を果たす。

当時まだ10代だったセリーナは、観客からのブーイングを浴びながらの優勝だったが、若き彼女は優勝の喜びよりブーイングから受けた心の傷の方が遥かに大きかった。

今大会シード選手全員が1回戦を免除されているため、初戦となる2回戦が金曜日に行われるセリーナは、試合前日に会見に臨んだ。

彼女はもう二度とこの大会には戻って来るとこはないと思っていたと言う。そして大会前に滞在していたロサンゼルスでも、会場入りする気持ちの準備が整わず予定より1日長く滞在してから会場であるインディアンウェルズへ訪れていた。

「ここへ来るのにちょっと緊張していた。最初は“一体何を思っているの?”って感じだった。あのハードルを越えなければならなかった。」とセリーナは心境を明かしていた。

会見前にセリーナは練習を行ったが、警備員を置きファンやメディアをシャットアウトしての練習だった。1月に行われた全豪オープンで優勝して以来、セリーナは女子国別対抗戦であるフェドカップでコートに立っただけだった。

先月、セリーナはTime.comのコラムの中で今大会へ向けての気持ちの変化を綴っていた。

その決断を両親に伝えた時は緊張したと語る。両親もセリーナの気持ちに賛同してくれて、父親のリチャード氏は「もし戻らなければ大きな間違いになるかも知れない。その考えは本当に立派な事。」とセリーナに伝えたと言う。

33歳となったセリーナは、輝かしいテニス人生を送っている。19回のグランドスラム優勝、未だに世界ランク1位に君臨し、何百万ドルもの賞金を獲得し、多額のスポンサー契約を結んでいる。

2001年、19歳だったセリーナと実の姉であるV・ウィリアムズ(アメリカ)との試合は、今でも忘れられない物になっている。ファンはその準決勝での姉妹対決を楽しみにし勝敗を予想するなど、大きな注目を集めていた。

しかしその試合は、開始わずか20分前にヴィーナスが怪我を理由に棄権しセリーナへ勝利が転がり込む呆気ない幕切れとなった。そして会場はブーイングの嵐となり、それはセリーナを驚かせるほどだった。そしてそれは父親であるリチャード氏の差し金ではないかと言う憶測にもセリーナは心を痛めていた。

「それが本当の発言である必要はないのは誰もが分かっていたと。でもそんな思いは直接質問してくれるべきだと思う。これまでのテニス人生全てで正直に生きて来たのだから。」とセリーナは思いを語っていた。

そして決勝戦ではK・クレイステルス(ベルギー)を下して優勝したセリーナだったが、リチャード氏曰く、その試合中に人種差別的な野次も聞いたと語っていた。

「お父さんが子供の頃に経験したような事だった。だからこうしてまたこの大会へ戻る事を話した時は、本当に感情的になってしまった。」とセリーナは父への思いも加えていた。

その決勝戦の第1セットで、劣勢に立たされた時にセリーナは「この試合に勝ちたいのではない。この場からただ去りたいだけと自分自身に言っていた。」とその時を思い出していた。

セリーナはロサンゼルスから2時間の郊外にあるスラム街のコムプトンと言う街でテニスを習った。そしてプロとしての初勝利もこのインディアンウェルズで記録していた。それは1997年にヴィーナスと組んで出場した女子ダブルスだった。1999年の決勝戦でS・グラフ(ドイツ)を下しての優勝は、彼女が初めて手にしたビッグ・タイトルだった。

彼女の今回の決断は、ネルソン・マンデラ氏の映画に影響を及ぼされた部分もあると言う。それは彼が和解へ熱心に臨む姿だった。

「何かを許すためには、全てを水に流さなければならない。自分にとって最高とは言えない状況だってくぐり抜けて来た。ここへ戻る事への緊張や、どう感じるかとかどんな風になるかと言う思いも乗り越えてようとしている。それは経験しなければならない事。許して水に流すには、そんな感情さえ水に流さなければならない。」

姉のヴィーナスは今年も出場してはいないが、セリーナの意思を尊重してくれていると言う。

セリーナの今回の決断には男子世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)も歓迎の気持ちを表していた。

「早かれ遅かれ彼女は戻って来なければならないだろう。だから今回彼女が何とか精神的なチャレンジや恐怖のような物を乗り越えた事は、彼女に取っても良いことだと思う。」とジョコビッチ。

女子世界ランク5位で、セリーナと親交の深いC・ウォズニアキ(デンマーク)もセリーナをとても寛大な人間としながら「彼女は自分の信念を持っているし、その信念を守り通す人間なの。」とセリーナについてコメントしていた。

セリーナは金曜日の夜に行われる2回戦でA・クルニッツ(セルビア)を6-2, 6-1で下したM・ニクルスク(ルーマニア)と対戦する。


■関連ニュース■ 
・優勝のセリーナ「誇りに感じる」
・セリーナ「失うものは何もない」
・セリーナ「マレーの姿勢が好き」


■最新ニュース■ 
・フィッシュ 復帰勝利ならず
・伊藤 竜馬 大会初勝利なるか
・マレー 元世界4位を新コーチに


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月13日11時44分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!