- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 大会初8強入り

男子テニスツアーのアビエルト・メキシコ・テルセル男子(メキシコ/アカプルコ、ハード、賞金総額1,548,755ドル、優勝賞金343,000ドル)は25日、シングルス2回戦が行われ、第1シードの錦織圭(日本)が世界ランク61位のルー・イェンスン(台湾)を6-1, 6-3のストレートで快勝し、同大会初のベスト8進出を決めた。

両者は今回が2度目の対戦となり、錦織はルー・イェンスンとの対戦成績を2勝0敗とした。

前回対戦した2011年全仏オープン1回戦でも、錦織がルー・イェンスンにストレートで勝利している。

錦織のサービスゲームから始まったこの試合、第4・第6ゲームでルー・イェンスンがバックハンドをネットにかけて錦織がブレークに成功。第1セットをゲームカウント6−1で先取する。

第2セット、第3ゲームでブレークに成功した錦織だが、第4ゲームでブレークバックを許す。

しかし、第7ゲームで再びこのセットで2度目のブレークに成功した錦織が、最後ルー・イェンスンのストロークアウトで勝利を決めた。

準々決勝で錦織は、第5シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。

過去同大会で錦織は、2012年に1度だけ出場しており、その時は1回戦でA・モンタネス(スペイン)に勝利するも2回戦でJ・シャーディ(フランス)に敗れてベスト8進出を逃しており、今回はルー・イェンスンをストレートで退け、大会初の8強入りを果たした。

今大会は1回戦で予選勝ち上がりのA・ゴンザレス(コロンビア)を下し、キャリア通算勝利数200勝を達成した。

《錦織 キャリア200勝達成》

また、先日行われたメンフィス・オープンでは、大会初で自身初の3連覇を達成しており、今回は2大会連続でのタイトル獲得を狙う。

《V3錦織「とても良い気分です」》


入荷しました!



■関連ニュース■ 
・【速報】錦織 第1セット先取
・錦織出場 アカプルコ大会ドロー
・錦織 キャリア200勝達成


■最新ニュース■ 
・ジョコビッチ 5度目Vに前進
・マレー兄弟 米に勝利なるか
・仏 デ杯Vへモンフィス起用か


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月26日12時12分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!