- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 不安を払拭し4回戦へ

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は23日、男子シングルス3回戦が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)D・セラ(イスラエル)を6-1, 6-0, 7-5のストレートで下し、4回戦進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦となった。

セラのサービスゲームから始まった第1セット、第1ゲームから40-0と3度のブレークチャンスがあったナダルだが、それをすべてしのがれてデュースとなる。しかし、5度目のブレークチャンスをものにしてこの試合初めてのブレークに成功。

2回戦時の体調不良で心配されたナダルだが、その心配を跳ね除けるプレーを披露し、第3ゲームでもフォアハンドウィナーを決めてブレークに成功。ゲームカウント3−0と大きくリードする。その後、第7ゲームと3度目のブレークに成功したナダルがこのセットを28分で先取。

第2セットでは、ナダルの角度あるウィナーが炸裂。セラに主導権を与えない圧倒的なプレーで、ゲームカウント6−0と1ゲームも与えずに2セット連取する。

第3セットは、セラも調子を上げていき両者サービスキープとなり、ナダルはこの試合初めてセラにブレークチャンスを与えるもしのいだ。そして第12ゲームでナダルがフォアハンドストロークでウィナーを決め、ストレートで勝利をおさめた。

4回戦でナダルは、第14シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

世界ランク3位のナダルは、過去同大会では2009年の決勝でR・フェデラー(スイス)を下して大会初の優勝を飾っており、2012年はN・ジョコビッチ(セルビア)に、2014年はS・ワウリンカ(スイス)にいずれも決勝で敗れて準優勝となっている。

《昨年同大会の記事はこちら》

ナダルは今大会1回戦で、元世界ランク8位のM・ユーズニー(ロシア)にストレートで勝利していたが、2回戦の予選勝者T・スミチェク(アメリカ)との対戦では、試合中に薬を飲むほどの体調不良に見舞われたが、4時間12分の大接戦を制して3回戦進出を決めていた。今回はナダルの体調が心配されたが、その不安を払拭して勝利した。

《辛勝のナダル 「苦し過ぎた」》

一方、敗れたセラは今大会、1回戦でJ・シュトルフ(ドイツ)、2回戦で第28シードのL・ロソル(チェコ共和国)に勝利してナダルとの3回戦に駒を進めたが、同大会初の4回戦進出とはならなかった。


■関連ニュース■ 

・ナダル「質の高い勝利が必要」
・ナダル 復帰後ツアー初勝利
・ナダル「優勝候補は自分以外」


■最新ニュース■ 

・波乱 フェデラー 3回戦敗退
・マレー 全英のリベンジなるか
・ディミトロフ 元8位に逆転勝利


■最新動画■ 

・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月23日20時47分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月23日

ズベレフ 初戦は前週Vジャリー (18時52分)

ディミトロフ 亡き恩師へ感謝 (15時21分)

ヴェセリ、ガルビス撃破 (14時43分)

19歳ポピリンが初戦突破 (12時45分)

ガリン 4大会連続の初戦敗退 (12時02分)

「期待されていない」とソック (11時26分)

錦織 最終戦ランクは6位 (10時33分)

7月22日

四大大会複3勝マクナマラ死去 (19時32分)

錦織7位 22日付日本勢ランク (17時08分)

ジャリーが初V「うれしい」 (16時02分)

大坂2位 22日付のランク (14時25分)

20歳新鋭、圧勝で初V (13時01分)

錦織7位 22日付世界ランク (10時57分)

悲願の初V「記憶に残る」 (9時03分)

イズナー 2年ぶり4度目V達成 (7時49分)

7月21日

MP2本しのぎ激闘の末V (18時00分)

元世界2位 最終戦について語る (17時06分)

キャリア7度目Vへ王手 (14時35分)

けがと出産乗り越え決勝進出 (14時07分)

イズナー 4度目Vへ王手 (13時03分)

ハンブルグ ドロー発表 (12時04分)

元引退選手に敗れ決勝ならず (11時02分)

ジャリー 快勝で決勝進出 (10時15分)

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!