- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーチームが2連敗

オフシーズンにアジアで初めて開催されるエキシビションであるインターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(IPTL)は4日、シンガポールで行われ、A・マレー(英国)M・シャラポワ(ロシア)M・フィリプーシス(オーストラリア)を擁するマニラ・マーヴェリックスとR・フェデラー(スイス)G・モンフィス(フランス)A・イバノビッチ(セルビア)擁するインディアン・エースズが対戦した。

このエキシビションはフィリピンのマニラから始まり、シンガポール、インドのニューデリー、アラブ首長国連邦のドバイへと会場を移し、12月13日まで行われる。

マニラ・マーヴェリックス対インディアン・エースズの対戦結果は以下の通り。

○マニラ・マーヴェリックス vs.
●インディアン・エースズ 25-20

1.○M・フィリプーシス vs
  ●C・ピオリーヌ(フランス) 6-4

2.●K・フリッペンス(ベルギー) vs
  ○A・イバノビッチ 2-6

3.○D・ネスター(カナダ)/ K・フリッペンス組 vs
  ●R・ボパンナ(インド)/ S・ミルザ(インド)組 6-2

4.○TH・フェイ(フィリピン)/ JW・ツォンガ(フランス)組 vs
  ●R・ボパンナ/ G・モンフィス組 6-2

5.●JW・ツォンガ vs
  ○G・モンフィス 5-6

インディアン・エースズはこの試合からレジェンド・シングルスがF・サントロ(フランス)からピオリーヌに変更。

サントロはこのエキシビション中好調で5戦全勝していたが、ピオリーヌは惜しくも黒星スタートとなった。

ピオリーヌは元世界ランク5位でシングルスでキャリア5勝をあげた。グランドスラムでは1993年全米オープン準優勝、1997年ウィンブルドン準優勝としており、いずれもP・サンプラス(アメリカ)に敗れている。

インディアン・エースズはエキシビション開始から4連勝をあげるも前日は1ゲーム差で破れ、この日の試合はダブルスで勝利をあげる事ができなかったことが敗因につながった。

試合形式は男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、男子レジェンドシングルスの5試合を6ゲーム先取の1セットマッチで行い、5試合の獲得ゲーム数が多いチームの勝利となる。

試合に勝利したチームは4ポイントを獲得し、敗れたチームは試合の獲得ゲーム数が20ゲーム以上なら2ポイント、10ゲーム以上なら1ポイント、10ゲーム未満なら0ポイント獲得となり、4節を終え獲得ポイントが最も高いチームが優勝となる。

ルールはノーアドバンテージ、ゲームカウント5-5の場合はタイブレークでは無く、5分間のシュートアウト方式(延長戦)を採用し、5分後に多くポイントを獲得している選手の勝利となる。

また、パワーポイントというシステムが導入され、試合中にリターン側が宣言して行うもので、次のポイントが2倍になる。パワーポイントは各試合で1度使う事ができる。また試合中にタイムを要求する事もできる。


■関連記事■ 
・ベルディヒがチームに貢献
・元王者アガシ リベンジならず
・元王者アガシが登場
・フィリプーシス 同胞対決制す
・ラフター 全英リベンジならず


■関連動画■ 
・ラオニチが飛躍のシーズンを振り返る
・フェデラー6度目の母国優勝
(2014年12月5日7時57分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!