- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「中でもフェデラーが壁」

男子テニスで世界ランク5位の錦織圭(日本)がバークレイズATPワールドツアー・ファイナルズを終え17日に帰国し、18日に日本記者クラブで会見を行い、日本人選についてやN・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)のトップ3について話した。

これまでスポーツ選手が日本記者クラブで会見を行うのは、プロ野球選手のイチローや野茂英雄、松井秀喜などが行ってきたがテニス選手が行うのは初めての事となる。

日本人が海外で戦うことについて錦織は「僕はアメリカに早い段階で行って、トップの選手を間近で見れたのでそのおかげで世界がより近く感じました。一番の出だしは松岡修造(日本)さんの修造チャレンジですけど、修造さんの合宿でしっかり鍛えられて世界というのを意識しました。やっぱり気持ちの部分が苦労しました。」

トップ選手と日本人選手との体格差については「よく聞かれますが、ツアー・ファイナルズでも一番小さく、写真を見ると子供みたいで、その中でも他の選手が持っていないスピードやテクニックだったり、パワーでは負けると思いますが、テニスという競技は他の部分で充分補えると思うので。」

「みんなそれぞれ違うプレースタイルで、そこがテニスの面白いところだと思います。背が低いしパワーが無いからといって悔やんだことは1回もないので、これからも日本人が戦っていく上でウィークポイントだと考える必要はないです。」

「僕はただ単に負けず嫌いなので、どんな勝負でも負けたくないという思いが強いです。だからこそ勝つ楽しさを感じてることがモチベーションです。」と語った。

ジョコビッチ、フェデラー、ナダルのトップ3については「3人とも怖いですね。3人とも簡単に勝てる相手ではないし、トップ10の選手でも更に違うテニスを持っていて、それぞれプレースタイルも違います。3人ともやりにくいですが、その中でもフェデラーが壁ですね。プレースタイルもそうですし、展開もとても早いので、自分のテニスで勝つには一番苦労します。」

「フェデラーは感覚がよく、スーパーショットを平然と出すし、展開も早く、サーブ&ボレー、ボレーもうまいのでいろんなプレースタイルが試合の中で出せるので、決まったプレーをしてこないというところがやりにくいです。」

「ナダルは一番しつこい選手です。どんなボールでも食らいついて、自分が100%のショットを打たないとなかなか決まらないので。普通の選手だと試合の中で雑なポイントがあるのですが、彼の場合は全てのポイントで100%で臨んでくるのが彼の強みです。」

「(ジョコビッチについて)次は勝てるといいですね。勝ったこともある選手なので勝てないわけではないので。今年彼は世界ランク1位で終えましたし、最後は誰も手におえないテニスをしていました。」と話した。

自分の伸びしろについては「まだまだ直さないといけないところはあります。サーブもそうですし、無駄なミスも減らせると思います。技術でもメンタル面でも強くプレッシャーに打ち勝てるようにならなければなりません。」とコメントした。

M・チャン(アメリカ)コーチと話したことについては「12月にトレーニングをします。これから大変な1ヶ月になると思いますけど、テニスが格段と良くなっているのでこのまましっかりいいテニスを続けていければもっと上を目指せると思います。」

オフの楽しみについて「休むだけです。ノドクロは昨日食べたので満足しています。あまりフリーな時間はないですが、実家に帰れるので少ない時間を家族や親戚、友達との時間を過ごします。この2週間はテニスのことを忘れてリフレッシュします。」と話した。


■関連記事■ 
・錦織 「これ以上の結果残したい」
・錦織「正直驚いている」
・錦織 自己最高位5位で終える
・錦織「全豪は優勝を狙って臨む」
・獲得賞金ランク 錦織は6位


■関連動画■ 
・惜しまれつつ引退した元世界3位ダビデンコの功績!
・最終戦出場が懸かった大一番で運命の”チャレンジ”!
(2014年11月19日15時46分)
  • コメント -

    その他のニュース

    9月23日

    西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

    錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

    フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

    ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

    好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

    大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

    錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

    フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

    9月22日

    ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

    大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

    大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

    メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

    大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

    大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

    大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

    【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

    フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

    9月21日

    フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

    大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

    土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

    大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

    大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

    土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

    プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

    【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

    【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

    大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

    【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

    錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

    9月20日

    大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

    イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

    快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

    ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

    メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

    第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

    錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!