- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【1ゲーム速報】錦織vsジョコビッチ

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は15日、準決勝が行われ、グループB2位通過の錦織圭(日本)とグループA1位通過のN・ジョコビッチ(セルビア)が対戦する。

※この記事は自動更新されませんので随時更新して下さい。

スコア  【第1セット】1−6
錦織圭 【第2セット】6−3 N・ジョコビッチ
スコア  【第3セット】0−6

この試合はジョコビッチのサービスで始まった。

(第3セット)第6ゲーム、後が無くなった錦織は1ポイント目でフォアハンドをネットにかけ、バックハンドもネットにかけ0-30とするが、次のポイントでフォアハンドをクロスに決め15-30、ネットに出たジョコビッチをフォアハンドのパッシングショットをクロスに決め30-30と追いつく。錦織のフォアハンドのクロスをジョコビッチがクロスにカウンターを決め30-40とすると、最後はこの試合6度目のダブルフォルトを犯し、1時間28分で錦織が敗れた。

第5ゲーム、錦織のリターンのアウト、ファーストサービスを決められ、錦織のドロップショットを返球し、スマッシュを決められ、ファーストサービスを決められラブゲームでジョコビッチがサービスキープする。

錦織が第4ゲーム、錦織は2ポイント連取しリードするもバックハンドのダウンザラインを決められ30-15とし、4度目のダブルフォルトで30-30となる。次のポイントではセンターにサービスエースを決めるが再びダブルフォルトでデュースとなる。デュースの場面で錦織が放ったボールがコードボールとなりジョコビッチにフォアハンドを決められ、最後のポイントで錦織はバックハンドをネットにかけこのセット2度目のブレークを許す。

第3ゲーム、錦織は40-15の場面でフォアハンドをクロスに決め40-30とするも、最後はジョコビッチにサービスエースをワイドに決められ0-3とする。

錦織がサービスの第2ゲーム、先にポイントを許すも、セカンドサービスを決め15-15と追いつく。この試合3度目のダブルフォルトでジョコビッチにリードを許すも次のポイントでフォアハンドのダウンザラインを決め30-30とする。

30-30の場面で錦織はフォアハンドをアウト、バックハンドのアウトで先にブレークを許し0-2とする。

ジョコビッチがサービスの第1ゲーム最初のポイントで錦織がフォアハンドをクロスに決め、先にポイントを取ると2連続でポイントを獲得する。次のポイントでは錦織のバックハンドが惜しくもサイドアウトとなり30-15、ジョコビッチのフォアハンドがアウトとなり15-40としこのセットは錦織が先にブレークチャンスを掴む。2度目のチャンスでバックハンドのダウンザラインを決めようとするもネットとなりデュースとすると、ジョコビッチがポイントを連取しサービスキープした。

(第2セット)第9ゲーム、錦織は1・3ポイント目でサービスエースを決め、最後のポイントでファーストサービスを決め、今大会ジョコビッチから初めてセットを獲得した。

ジョコビッチがサービスの第8ゲーム、ダブルフォルトで先行するとバックハンドがアウトとなり15-15、バックハンドをクロスに放ち、ジョコビッチがネットにかけ15-30、ファーストサービスを決められ30-30、フォアハンドのダウンザラインを決め30-40と再びチャンスが訪れる。次のポイントでドロップショット、ロブ、フォアハンドのパッシングショットをクロスに決めブレークに成功しゲームカウント5-3と錦織がリードする。

第7ゲーム、徐々にストロークが良くなってきている錦織はファーストサービスを決め30-0とリードするが、次のポイントではフォアハンドをネットにかけ30-15とする。

ジョコビッチのフォアハンドがネットとなり40-15とすると錦織のバックハンドのスライスがアウトとなり40-30、ジョコビッチのバックハンドがアウトとなり錦織がサービスキープし4-3とする。

ジョコビッチがサービスの第6ゲーム、15-15の場面でフォアハンドのアプローチショットを放つがジョコビッチに読まれバックハンドのパッシングショットを決められ15-30とされる。次のポイントで錦織はフォアハンドのダウンザラインを決め30-30とするが、ジョコビッチに2ポイント連取されゲームカウント3-3となる。

第5ゲーム、錦織がファーストサービスを決め15-0、ストローク戦を制し30-0、ジョコビッチがフォアハンドを決めるが、次のポイントで錦織がストロークを制しフォアハンドを決め、ファーストサービスを決めサービスゲームをキープした。

第4ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでサービスゲームをキープする。

第3ゲーム、ファーストサービスを決め40-15とするとファーストサービスを決めキープし、ゲームカウント2-1とした。

第2ゲーム、ジョコビッチがバックハンドをネットにかけ30-30と追いつくと、次はフォアハンドをネットにかけ30-40とこの試合初めてブレークチャンスを掴む。

次のポイントでジョコビッチは初のダブルフォルトでブレークバックに成功しゲームカウント1-1とした。

錦織のサービスで始まった第2セット、第1ゲームは1ポイント目でダブルフォルトし、フォアハンドをクロスに決め追いつく。ジョコビッチの深いバックハンドをバックハンドで返すがサイドアウトとなり15-40、フォアハンドのウィナーをクロスに決め30-40とすると、フォアハンドをアウトし1ゲーム目でブレークを許し、ゲームカウント0-1と先にリードをされる。

(第1セット)第1ゲーム、錦織はストローク戦を制し15-15とする。ジョコビッチがフォアのチャンスボールを錦織は返すがアウトとなり30-15、セカンドサービスをリターンするが錦織がボールをネットにかけ40-15、ジョコビッチのフォアハンドの強打をネットにかけジョコビッチがサービスゲームをキープした。

錦織サービスの第2ゲーム、錦織がストローク戦を制し40-30、ファーストサービスを決めこのゲームをキープした。

第3ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでサービスをキープする。最後のポイントでジョコビッチのサービスエースに対し錦織はチャレンジを要求するが判定は変わらなかった。

第4ゲーム、1ポイント目で錦織はコードボールをフォアハンドでクロスに放つがそれを読まれジョコビッチがフォアハンドのダウンザラインを決められ0-15とする。次のポイントもミスし0-30とし、ボレーを決め15-30、バックハンドをアウトし15-40としジョコビッチにブレークチャンスを与えると、ファーストサービスで1ポイントしのぎ30-40とする。次のポイントで錦織はコートを広く使いネットに出るがバックボレーをアウトし先にブレークを許しゲームカウント1-3とする。

第5ゲーム、ジョコビッチのファーストサービスからポイントを取れず40-0とされ、セカンドサービスを返すもフォアハンドを逆クロスに決められ、ゲームカウント1-4とする。

第6ゲーム、ファーストサービスを入れるもストローク戦にもつれ、先に錦織がミスし0-15、ジョコビッチがフォアハンドの強打を放つが錦織が低く返し、ジョコビッチがボレーをネットにかけ15-30、次のポイントもジョコビッチがネットにかけ30-30、ここで錦織のダブルフォルトが出てしまい30-40とすると、チャンスボールを決めデュースとする。

バックハンドをネットにかけ再びピンチとすると、ジョコビッチの深いボールに錦織の返球は浅くなり、ジョコビッチの返球をネットにかけこのセット2度目のブレークを許し1-5とする。

第7ゲーム、ジョコビッチの圧倒的なプレーで40-0とし、セットポイントを許すと次のポイントでは簡単なボレーをミスするが、最後はファーストサービスをワイドに決められ23分で錦織は1-6で第1セットを落とした。



■関連記事■ 
・錦織 「ああしないと勝てない」
・錦織 最終戦 準決勝進出の快挙
・錦織 「最後は完璧なプレー」
・ジョコビッチ 「頂点に立った」
・ジョコビッチ 年間王者が確定


■関連動画■ 
・錦織が凱旋試合で宿敵ラオニチと激突
・マレーが復活優勝
(2014年11月15日22時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月19日

ケルバー 今季初の芝で勝利 (20時35分)

好調17歳 逆転で初戦突破 (19時14分)

フェデラー 勝利も試合後反省 (17時33分)

杉田祐一 CH2回戦で敗退 (16時32分)

前年覇者チョリッチ 初戦突破 (15時25分)

前週Vの23歳、快勝で初戦突破 (14時27分)

ツォンガ 10年ぶりに2回戦へ (12時50分)

大坂なおみ「本当にうれしい」 (11時31分)

シャラポワ 復帰戦白星の好発進 (10時57分)

大坂 次戦は世界43位に決定 (10時54分)

芝前哨戦 雨のため順延に (10時07分)

フェデラー 快勝で初戦突破 (8時45分)

6月18日

大坂なおみ 今季芝初戦は白星 (23時47分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (22時46分)

奈良 惜しくも本戦出場逃す (19時16分)

約2カ月ぶりの初戦突破 (17時05分)

約3カ月ぶり復帰戦は白星 (16時53分)

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!