- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

波乱 ナダルが17歳に敗れる

男子テニスツアーのスイス・インドア(スイス/バーゼル、ハード、賞金総額約191万ユーロ/優勝賞金約35万ユーロ)は24日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が主催者推薦で出場した17歳のB・コリッチ(クロアチア)に2-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れる波乱に見舞われ、ベスト4進出とはならなかった。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、ナダルはファーストサービスが入った時に68パーセントの確率でポイントを獲得し、第1セットで1度ブレークに成功するも、それを上回る3度のブレークを許した。

第2セットは、両者サービスキープのままタイブレークに突入。しかし、タイブレークを4−7で落としたナダルが1時間41分で準決勝進出を前に姿を消した。

ナダルは、10月初旬から虫垂炎を患っていることを明かし、先日の上海マスターズは初戦となる2回戦で同胞のF・ロペス(スペイン)に敗れた。現在は抗生物質を投薬して試合に臨んでいたが、敗れることとなった。

《ナダル虫垂炎の記事はこちら》

過去同大会では、2003年と2004年の2度出場しているが、いずれも初戦敗退となっている。今回はコリッチに敗れて大会初のベスト4進出を逃した。

一方、勝利したコリッチは、現在17歳で世界ランキングは124位。7月に行われたクロアチア・オープン準々決勝では、F・フォニュイーニ(イタリア)に敗れてベスト4進出とはならなかったが、ATPツアー初のベスト8進出を果たし、9月のチャレンジャーでは、優勝を飾った。

また、今大会は1回戦で第6シードのE・ガルビス(ラトビア)、2回戦ではA・ゴルベフ(カザフスタン)に勝利しての勝ち上がりとなり、今回ナダルを破ってベスト4進出を決めた。

コリッチは準決勝で、第7シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦する。


■関連記事■ 
・17歳コリッチ ナダルと対戦へ
・フェレール 最終戦かけV狙う
・フェデラー 2年連続逆転勝利
・大会開催で400億円の経済効果
・マレー 大会5年ぶり優勝に前進



■関連動画■ 
・ジョコビッチvsガルシア=ロペス【モンテカルロ・マスターズ】
・ナダルvsフェレール【モンテカルロ・マスターズ】
(2014年10月25日9時18分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!