- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワが2敗 苦しい状況に

女子テニスツアーの最終戦、BNPパリバ・WTAファイナルズ(シンガポール/ハード、賞金総額650万ドル)は23日、ホワイトグループのラウンドロビンが行われ、第2シードのM・シャラポワ(ロシア)が第3シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、0勝2敗と決勝トーナメント進出が苦しい状況となった。

両者は今回が9度目の対戦となり、シャラポワとクヴィトバの対戦成績は6勝3敗となった。

両者の直近の対戦は先日のチャイナ・オープン決勝で、その時はシャラポワがフルセットの末に下して今季4勝目、キャリア33勝目を上げた。

《シャラポワ優勝の記事はこちら》

この試合、シャラポワは6度のダブルフォルトを犯し、ファーストサービスが入った時に獲得するポイントの確率が48パーセントと低かった。さらに、クヴィトバに8度のブレークチャンスから5度ブレークを許して1時間15分で敗れた。

世界ランク2位のシャラポワは、21日に行われた1試合目で第8シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)と対戦し、3時間13分におよぶ大接戦の末に勝利を逃した。

《シャラポワvsウォズニアキの記事はこちら》

一方、勝利したクヴィトバは、ホワイトグループのラウンドロビン1試合目で第6シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)に2-6, 3-6のストレートで敗れており、ここでシャラポワに敗れると決勝トーナメント進出が苦しい状況となっていたが、1勝をあげて望みをつないだ。


レッドグループの結果は以下の通り。

【レッドグループ】

C・ウォズニアキ(2−0)

A・ラドワンスカ(1−1)

P・クヴィトバ(1−1)

M・シャラポワ(0−2)


■関連記事■ 

・セリーナ完敗「恥ずかしい試合」
・イバノビッチが1勝上げる
・セリーナ 3連覇へ好スタート
・23歳ハレプ 初出場対決を制す
・セリーナ「驚くほど上手く出来た」


■関連動画■ 

・好調を維持するディミトロフがその要因を語る!
・今季躍進した若手が見せた驚異的なスーパーキャッチ!
(2014年10月23日21時26分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!