- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ完敗「恥ずかしい試合」

女子テニスツアーの最終戦、BNPパリバ・WTAファイナルズ(シンガポール/ハード、賞金総額650万ドル)は22日、レッドグループのラウンドロビンが行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第4シードのS・ハレプ(ルーマニア)に0-6, 2-6と1時間5分の完敗で敗れた。

わずか2ゲームしか取れない一方的な敗戦は、セリーナがまだ16歳だった1998年までさかのぼる負け方となった。

「今日のプレーは本当に恥ずかしいとしか言い表せないわ。本当、とても恥ずかしい試合だった。」と自身のプレーを振り返るセリーナ。

セリーナが1ゲームも奪えずセットを落としたのは、2008年に姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)との試合以来の事だった。

「今日はフォアハンドが全く駄目だった。すでにオフシーズンに入ってしまったかのようだった。サービスだって10歳以下クラスのジュニアレベルだった。」と、落胆の色が隠せなかった。

ハレプはこれまでセリーナとは3度対戦し、勝利を飾った事がなかったばかりか、去年の2度の対戦では合計でも7ゲームしか奪っていなかった。

「この試合は人生でも最高の試合だった。」とハレプ。「信じられないようなショットを打つことが出来た。この試合はとても意味のあるものになった。大切なポイントで、とても良いプレーが出来たの。この勝利で更に自信も高まったわ。」

4選手によるラウンドロビンを行う今大会。20日に行われた初戦では第5シードのE・ブシャール(カナダ)をストレートで下したハレプは、これでラウンドロビンの成績を2勝0敗とし、上位2選手しか進出できない決勝トーナメントへ大きく前進した。

しかしハレプは次の試合へ気を引き締めようと試みている。「決勝トーナメントへ進める自信も付いたけど、今は今日の事は忘れなければならない。でも、嬉し過ぎて忘れるのは難しいけどね。」と、完勝の喜びを噛み締めていた。

第1セットだけで6本のダブルフォルトを犯したセリーナは、試合を通してハレプの3倍となる36本のイージーミスを犯していた。加えて、ブレークポイントを握られた時のプレーに大きな違いがあった。両者は共に6度のブレークポイントを握ったが、ハレプは5度もブレークに繋げたがセリーナはわずか1度だった。

この最終戦では過去2年連続で優勝しており、ここまで今大会での連勝を16で止められる事となったセリーナは「彼女(ハレプ)がこんなプレーをしたのはかつてなかった。」とハレプのプレーを賞賛した。

しかし「本当に正直な気持ちとしては、彼女との次の対戦を楽しみにしているわ。家へ帰ってより激しく練習をする気にさせてくれたから。特に彼女との試合のためにも練習を積むわ。」とリベンジに燃えていた。


■関連記事■ 

・ウォズニアキ シャラポワ下す
・23歳ハレプ 初出場対決を制す
・セリーナ 3連覇へ好スタート
・セリーナ「驚くほど上手く出来た」
・セリーナ「ある意味いじめ」


■関連動画■ 

・好調を維持するディミトロフがその要因を語る!
・今季躍進した若手が見せた驚異的なスーパーキャッチ!
(2014年10月22日21時51分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!