- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クーリアとブレイクが激突

女子テニスツアーのニューヘイブン・オープン(アメリカ/ニューヘイブン、ハード)は20日、エキシビションマッチが行われ、グランドスラム4勝を上げ、90年代のアメリカテニス界の一時代を築いたJ・クーリア(アメリカ)と2000年代に活躍した元世界ランク4位のJ・ブレイク(アメリカ)の対戦が行われた。

この試合、クーリアは5度のサービスエースを決め、ファーストサービスが入った時78パーセントの確率でポイントを獲得するもブレイクからブレークチャンスをつかむことが出来ず、2度のブレークを許し、5-7, 3-6でクーリアが敗れた。試合時間は1時間8分だった。

クーリアは90年代に活躍し、A・アガシ(アメリカ)P・サンプラス(アメリカ)M・チャン(アメリカ)らと共にアメリカテニス界の一時代を築いた名選手。全豪オープンと全仏オープンでそれぞれ2度の優勝を果たしており、シングルス23勝を上げ、1992年には世界ランク1位になっている。両手バックハンドは野球のスイングのようでそれを武器にストロークを得意としていた。

ブレイクは元世界ランク4位でキャリア10勝を上げており、2005年の全米オープン準々決勝、A・アガシとのフルセットの大接戦や2008年2月に行われたデルレイビーチ国際で錦織圭(日本)との決勝戦、北京オリンピック準々決勝でR・フェデラー(スイス)に勝利するなど名勝負を繰り広げ、アメリカテニス界を盛り上げた選手。

《ブレイクvs錦織の記事はこちら》

ブレイクは21日に元世界ランク1位のA・ロディック(アメリカ)と対戦する。


■関連記事■ 

・史上初の事態、アメリカの黄金時代は何処へ
・ノア、クーリアなど、2005年のテニス殿堂入り決まる
・ダブルスも敗れたブレイク、現役引退へ
・元世界4位ブレイクが引退表明「全米が最後の大会」
・33歳ブレイクが14年間のシングルス人生に幕「ありがとう」


■関連動画■ 

・天才ガスケを特集
・21歳トミックが復活優勝
(2014年8月21日17時18分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!