- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭が初優勝 ブレークを下す◇デルレイビーチ国際

デルレイビーチ国際(賞金総額41万1千ドル)は17日、シングルス決勝を行い、予選勝ち上がりの錦織圭(日本)が、第1シードで世界ランク12位のJ・ブレーク(アメリカ)に3-6, 6-1, 6-4で勝利し、ツアー初優勝を果たした。日本人選手としては松岡修造(日本)以来16年ぶりの快挙。

18歳の錦織は、1992年4月にソウル大会で優勝した松岡以来の日本勢のツアー覇者となった。また18歳と1ヶ月19日でのATPツアー優勝は、L・ヒューイット(オーストラリア)が16歳と10ヶ月18日でアデレードの大会を制した1998年1月以降で、最年少の記録となった。

これが今季初のATP大会参加だった錦織は、準決勝では4本のマッチポイントをしのいで第3シードのS・クエリー(アメリカ)に4-6, 6-2, 7-6 (9-7)で逆転勝ち。この日のブレークとの決勝でも、ファイナルセットで3本のブレークポイントを防いで、逆にブレークを決めて3−1とリード。最後はラブゲームで締めくくった。

錦織はATPツアーデビューを果たした昨年、インディアナポリス大会で初のベスト8に進み、5大会を3勝5敗で終えていた。今年はチャレンジャー1大会でベスト4に進んでおり、予選から勝ち上がった今大会の活躍で、世界ランクも244位から、日本勢トップの120位前後に上昇する見込みとなっている。

ツアー11勝目を狙った28歳のブレークは、昨年も同大会で決勝に進んでいたが、X・マリス(ベルギー)に敗れており、2年連続の準優勝に終わった。

昨年のプロ転向の際に、「松岡さんを超えたい」と話していた錦織だが、早くもその目標の1つにたどり着いたと言え、これからは世界が注目する中で更なる躍進が期待される。

(2008年2月18日7時44分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!