- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達 最年長記録逃す

テニスのグランドスラム、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は23日、女子1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)は第22シードのE・マカロバ(ロシア)に6-3, 4-6, 5-7のフルセットで敗れ、2年ぶりの初戦敗退となった。

この試合、クルム伊達はマカロバに7度のブレークを許し、2時間24分の接戦の末に敗れた。

第1セット、クルム伊達は5ゲーム連取するが、第6、7ゲームともにセットポイントを握るも活かせなかったが、第9ゲームでサービスゲームをキープし、第1セットを6-3で先取する。

第2セットは先にブレークを許し、直後に追いつくが第10ゲームで3度目のブレークを許し、勝負は第3セットへもつれる。

第3セット、第2ゲーム長いサービスゲームをキープしたクルム伊達は勢いに乗り、第3ゲームでブレークに成功し3ゲーム連取するが、2度のブレークを含む4ゲーム連取される。

マカロバのサービング・フォー・マッチの第10ゲームで再びクルム伊達はブレークに成功する。その後ゲームカウント5-5とねばり、マカロバがサービスゲームをキープし、5-6となり、第12ゲーム、クルム伊達は2度のマッチポイントを握られ、最後はボレーをミスし1回戦敗退となった。

両者は3度目の対戦となり、クルム伊達はマカロバに0勝3敗と全敗している。

勝利したマカロバは2回戦で土居美咲(日本)と対戦する。

クルム伊達と土居美咲の日本人対決は叶わなかった。

2回戦を勝利していた場合、クルム伊達は自身が持つウィンブルドン勝利最年長記録の更新となったが、記録更新は来年に持ち越しとなった。


■関連記事■ 

・大会初日に日本勢3選手が登場
・奈良「チャンスはあると思う」
・セリーナ、19度目の対戦なるか
・ウィンブルドンのシード発表
・錦織「フェデラーはやはり強かった」

■関連動画■ 

・フェレールが新コーチ就任について明かす!
・全仏オープンの舞台裏を大公開!
(2014年6月23日22時24分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!