- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界2位が4度目の手術

元世界ランク2位で、36歳にして現在も世界ランク20位にいるT・ハース(ドイツ)だが、再び右肩の手術を受ける苦渋の決断を下し、今季残りのシーズン中の復帰は絶望的となった。

これが実に4度目の手術になるハースは、先に行われた全仏オープンのJ・ゾップ(エストニア)との1回戦で、ゲームカウント5ー2とリードしながらも右肩を負傷し、途中棄権を余儀なくされていた。

そして先週、祖国ドイツはハーレで行われたゲリー・ウェバー・オープンの出場も取り止めていた。ハースはゲリー・ウェバー・オープンで、2009年にN・ジョコビッチ(セルビア)を、2012年にはR・フェデラー(スイス)を下して優勝していた。

《ハース優勝の記事はこちら》

ハースのマネージメント会社から月曜日に発表された内容では、ハースは右肩の腱を3ヶ所痛めてしまっているとのこと。ハースはこれまで2002年、2003年、2007年にも右肩を手術している。

ハースは「この診断は本当にショックだった。怪我の状態があまりにも悪いため、手術を回避することは出来なかった。」とコメントしている。

36歳のハースだが、それでもまだ引退は考えておらず、2015年の復帰を目指していると言う。「まだ自分には素晴らしい試合と最高の大会が待っていると確信している。」と、現役生活に意欲を燃やしている。

手術はアメリカ・ニューヨークで、現地火曜日に行われる。


■関連記事■ 

・ハース 右肩の負傷で棄権
・世界18位ハースが長期休養か
・元2位 ウィンブルドン欠場か
・【映像付】最高齢ハース、錦織警戒の世界27位がベスト8


■関連動画■ 

・トップ10で最も若いラオニチが更なる目標を明かす!
・祖国への想いを込めたジョコビッチの気迫あるプレー!

(2014年6月17日11時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!