- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭、2度のタイブレークを制す<ムチュア・マドリッド・オープン男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー)は8日、シングルス3回戦が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が第8シードのM・ラオニチ(カナダ)を7-6 (7-5), 7-6 (7-5)のストレートで下し、2年連続ベスト8進出を決めた。

この試合、錦織はファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得し、9本のサービスエースを決めた。さらに、ビッグサーバーであるラオニチのサービスゲームを1度ブレークに成功して2時間6分で接戦を制した。

ラオニチのサービスから始まった第1セット、第1ゲームをラオニチがサービスキープしたところで、ラオニチが右肩の違和感を感じてメディカルタイムアウトを要求した。その後は、第5ゲームまで両者サービスキープとなるが、第6ゲームでラオニチにブレークを許してしまう。

第5・6・7ゲームと3ゲーム連取をラオニチに許すが、錦織が第8・9ゲームを取り返した。そして、第10ゲームでは錦織がラオニチの2度のセットポイントをしのいで3ゲーム連取した。最後はタイブレークの末に、1時間10分の大接戦で第1セットを先取した。

続く第2セットでは、第12ゲームまでお互いサービスキープのままタイブレークとなり、錦織が第1・2セットと2度のタイブレークを制して勝利をあげた。

準々決勝で錦織は、F・ロペス(スペイン)とD・ティエムの勝者と対戦する。

世界ランク12位の錦織は、昨年の同大会3回戦でR・フェデラー(スイス)を破り、準々決勝進出を果たした。今回は2年連続のベスト8となった。

また、錦織は先日のバルセロナ・オープン・サバデルでクレーコート初のタイトルを獲得しており、今回はクレーでの2勝目と世界ランキングでトップ10入りを狙う。

《錦織圭、5月中にトップ10の可能性も<世界ランキング>》

一方、敗れたラオニチは、今大会上位シード勢が1回戦免除のため2回戦からの登場で2回戦はJ・シャーディ(フランス)を下しての錦織と対戦だった。

錦織とラオニチは、昨年6月のゲリー・ウェバー・オープンのダブルスでペアを組んでおり、準々決勝でP・コールシュライバー(ドイツ)/ M・ヨージニ組に敗れるも、ベスト8入りを果たしていた。

《錦織/ラオニチ組4強入り逃す<ゲリー・ウェバー・オープン>》


■関連記事■

《錦織「ラオニチはクレーでも強い相手」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《クレー初優勝の錦織、全仏に期待<バルセロナ・オープン・サバデル>》

《錦織、クレーで2度目の優勝に期待かかる》

《錦織「ジョコビッチ、ナダルと戦いたい」<独占インタビュー2/2>》


■関連動画■

《元世界7位が約4年ぶりとなる悲願の復活優勝!》

《最高のタイブレーク奪取率を誇る選手が秘訣を語る!》
(2014年5月9日0時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!