- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

確かな手応えのクルム伊達「悪くない」<東レPPO>

女子テニスツアーの東レ・パンパシフィック・オープン(日本/東京、ハード)にシングルスとダブルスに出場し、ともに敗れたクルム伊達公子(日本)が自身の公式ブログで大会を振り返り、今後に向けての抱負を語った。

シングルスでは2回戦で第12シードのS・ストザーにストレートで敗れたクルム伊達は「やるべきことはできたけど、このレベルではこれだけでは足りないってこと。」と、コメント。

今大会シングルスでクルム伊達は3年ぶりに2回戦進出を果たしていた。

A・パーラ=サントンハ(スペイン)とのダブルスでは、1回戦でH・チャン(台湾)/ L・フーバー(アメリカ)組に敗れた。

「ダブルスも残念な結果でした。久々の2試合でどうなるかと思ったけど、ちゃんと動いたし悪くなかった。」と敗れはしたものの、確かな手応えを感じていた。

今後クルム伊達は、26日からのチャイナ・オープン女子の予選に出場する。

「北京ではシングルスが予選。金曜日スタート。タフですがテニスも悪くないし、体さえ問題なければ予選を戦います。怪我なく戦い抜くこと第一で、チャレンジしてきます。」

またクルム伊達は、23日に発表された世界ランキングでは、森田あゆみ(日本)を抜き日本勢でトップになった。


■関連記事■

《クルム伊達、敗れるも前向き「怪我を気にせず、不安なく」<東レPPO>》

《クルム伊達が日本勢トップへ<世界ランキング>》

《クルム伊達は互角のテニス披露するも、3年ぶり3回戦進出ならず<東レPPO>》

《クルム伊達組敗れ、日本勢は大会から姿消す<東レPPO>》

《クルム伊達、思わぬ形で3年ぶり初戦突破<東レPPO>》

《クルム伊達が第2シード破る金星、元世界4位との準々決勝へ<KDB韓国オープン>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年9月25日11時57分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!