- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

33歳ブレイクが14年間のシングルス人生に幕「ありがとう」<全米オープン男子>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は28日、男子シングルス1回戦が行われ、今大会限りで現役引退を表明している元世界ランク4位で33歳のJ・ブレイク(アメリカ)が予選から勝ち上がってきた I・カルロビッチ(クロアチア)に7-6 (7-2), 6-3, 4-6, 6-7 (2-7), 6-7 (2-7)の逆転で敗れ、シングルスでの14年間のテニス人生に幕を閉じた。

この試合、ブレイクは2セットアップとするも、試合を通してカルロビッチに38本のサービスエースと75本のウィナーを決められ、3時間24分で敗れた。

大接戦の末に敗れたブレイクに対して、試合が終わると惜しみない拍手が贈られた。

「自分が今までしてきた全ての事や激しい練習の1つ1つが、この喝采に値する事だと実感させられたよ。14年間も練習に明け暮れて、皆さんの前で良い時も悪い時もあった。」とブレイクは、試合直後のオンコートインタビューで語った。

最後カルロビッチにマッチポイントを握られたブレイクは、カルロビッチが放ったワイドへのサービスが際どい箇所へ入ったため、ビデオ判定によるチャレンジを主審に要求。しかし、カルロビッチのサービスの判定はインとなったため、ブレイクのシングルスでの現役生活に終止符が打たれた。

「この試合の事を、きっとまた考えると思う。そして、どうやったら勝てただろうかなども考えるだろう。でも、この瞬間が幸せなものであると感じられる自分は、ラッキーな人間。だって、これからは友人や家族と共に過ごせる人生が待っているからね。今夜はあまり眠れそうにない。」と感慨深げに語り、詰め掛けた観客の拍手に応えていた。

「皆さん、こうして残ってくれてありがとう。時計を見たらもう午前0時をまわっている。でも、まだこうしてたくさんの人が残って応援してくれた。こんな瞬間は、もう自分の人生に訪れないと今認識させられたけど、ここにいる人みんなに感謝の気持ちを伝えなければならない。」

「そして、自分のファミリーボックスにいる人全てが大切な存在。テニス以外の人生でどんなアップダウンも、常に一緒にいてくれた。今後の人生だって、あそこにいる友達や家族と共に歩んでいく。」

「こうしてここにいてくれて、本当に愛しているよ。自分の人生や、プロテニス選手としてのキャリアを共に過ごしてくれて本当にありがとう。」と、サポートを続けた親しい友人や家族へも感謝の気持ちを語った。

1999年にプロへ転向したブレイクは、キャリア通算10度のツアー優勝を飾り、世界ランキングで2006年の11月に自己最高の4位までのぼりつめた。

また、今大会のダブルスにも出場するブレイクはJ・ソック(アメリカ)とペアを組んでおり、1回戦で第2シードのA・ペヤ(オーストリア)/ B・ソアレス(ブラジル)組と対戦する。

一方、勝利したカルロビッチは2回戦で、R・シュティエパネック(チェコ共和国)を7-6 (7-2), 6-3, 6-2のストレートで下した第9シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《元世界4位ブレイクが引退表明「全米が最後の大会」<全米オープン>》

《ロディック「この大会で最後にすることを決断しました」◇全米オープン》

《アメリカテニス界を牽引したロディック涙、「何から言おう」◇全米オープン》

《新たな経験にマレー「全くわからない」<全米オープン>》

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《存在感抜群の大器「デル=ポトロ」が復活!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!長身2m対決!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》
(2013年8月30日4時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月23日

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

【告知】ダニエル太郎vsジャリー (13時28分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

5月21日

マレー「複プレーできるだろう」 (20時27分)

全仏予選2日目、日本勢男子結果 (20時26分)

錦織、全仏へ向け現地初練習 (19時07分)

錦織7位 日本勢の世界ランク (17時05分)

ティプサレビッチ 2回戦へ (16時24分)

騒動キリオス 次はクレー批判 (13時41分)

MP2本しのぎ世界199位撃破 (11時44分)

錦織8位 20日付最終戦ランク (10時34分)

5月20日

「やっと優勝」ナダルが復活 (22時04分)

西岡「不愉快な試合でした」 (21時53分)

全仏予選1日目、日本勢結果 (21時51分)

ダニエル太郎 世界238位破る (21時09分)

ジョコ脱帽「強すぎた」 (16時52分)

西岡 元10位ガルビスに屈する (16時06分)

大坂1位 5/20世界ランク (13時19分)

ラケット破壊ジョコ精彩欠く (11時44分)

錦織7位後退 チチパス6位へ (8時22分)

ナダル復活V 全仏OPへ弾み (2時21分)

ナダル、ローマ2連覇9度目V (1時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsナダル (1時38分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!