- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

予選勝者に完敗の錦織「サーブが悪かった」<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は26日、シングルス1回戦が行われ、第11シードの錦織圭(日本)は予選から勝ち上がった世界ランク179位のD・エヴァンス(英国)に4-6, 4-6, 2-6の完敗を喫し、2011年の全米オープン以来2年ぶりの四大大会初戦敗退となった。

試合前、錦織は「自分の思うようなテニスが出来れば、結果も出ると思う。」と、意気込みを語っていた。

世界ランク12位の錦織は、今大会でグランドスラム自己最高の第11シードで出場していた。

この試合、錦織のサービスゲームでのポイント獲得率は、ファーストサーブ時には64パーセント、セカンドサーブ時は38パーセントの確率だった。また、8本のダブルフォルトを犯した。

さらに38本の凡ミスが影響し、エヴァンスに6度のブレークを許した錦織は、1時間57分で初戦敗退となった。

試合後、錦織は「サーブの入りが悪かったので、全体的にストロークが乗ってこなかった。」と、コメント。

今後については「いいショットも打てていましたし、あとは勝ち切る事が出来るかだと思う。いいプレーを持続できるようにしたい。」と、話した。

今年のグランドスラムで錦織は、全豪オープンと全仏オープンではベスト16進出、ウィンブルドンでは3回戦敗退となっていた。

23歳の錦織は、ウィンブルドン後の北米ハードコート3大会では、シティ・オープン男子とロジャーズ・カップ男子で3回戦敗退、W&Sマスターズでは初戦敗退。

また、ロジャーズ・カップ男子3回戦でR・ガスケ(フランス)に勝利していた場合、世界トップ10入りの可能性があった。しかしガスケに逆転負けを喫し、錦織のトップ10入りとはならなかった。

今年、錦織はアメリカ国際インドアテニス選手権で1セットも落とさずに自身3度目のツアー優勝を飾った。

その後のムチュア・マドリッド・オープンでは元世界ランク1位のR・フェデラー(スイス)を破る大金星をあげ、全仏オープンでは4回戦でR・ナダル(スペイン)に敗れるも日本男子として1938年の中野文照以来75年ぶりの4回戦進出を果たした。

今大会で錦織が勝ち進んだ場合、3回戦で第19シードのT・ロブレド(スペイン)、4回戦で憧れであるフェデラーと対戦する可能性があった。

錦織をストレートで破った23歳のエヴァンスは、今回がグランドスラム本戦で初勝利をあげた。これまでのグランドスラムで2009・2011年のウィンブルドンに出場したが、いずれも初戦敗退となっていた。

2回戦でエヴァンスは、B・トミック(オーストラリア)A・ラモス(スペイン)の勝者と対戦する。

その他の日本勢では、予選3試合を勝ち抜いた添田豪(日本)は1回戦で元世界ランク8位のM・バグダティス(キプロス)と対戦する。女子ではクルム伊達公子(日本)P・オルマエチェア(アルゼンチン)土居美咲(日本)は第7シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)奈良くるみ(日本)A・カダントゥ(ルーマニア)とそれぞれ1回戦で顔を合わせる。

また、森田あゆみ(日本)は第4シードのS・エラーニ(イタリア)と対戦する予定だったが、腰の痛みにより棄権を申し入れている。

【錦織圭 全米オープン戦歴】

<2013年>
・1回戦 敗退 D・エヴァンス 4-6, 4-6, 2-6

<2012年>
・1回戦 勝利 G・アンドレオシ(アルゼンチン) 6-1, 6-2, 6-4
・2回戦 勝利 T・スミチェク(アメリカ) 6-2, 6-2, 6-4
・3回戦 敗退 M・チリッチ(クロアチア) 3-6, 4-6, 7-6 (7-3), 3-6

<2011年>
・1回戦 敗退 F・チポッラ(イタリア) 4-6, 2-6, 途中棄権

<2010年>
・予選1回戦 勝利 P・カプデビル(チリ) 6-3, 5-7, 6-2
・予選2回戦 勝利 A・クドリャフツェフ(ロシア) 6-3, 7-6 (7-1)
・予選3回戦 勝利 F・ダンチェビッチ(カナダ) 6-4, 6-1
・1回戦 勝利 E・コロレフ(ロシア) 7-6 (7-0), 5-2, 途中棄権
・2回戦 勝利 M・チリッチ 5-7, 7-6 (8-6), 3-6, 7-6 (7-3), 6-1
・3回戦 敗退 A・モンタネス(スペイン) 2-6, 1-2, 途中棄権

<2008年>
・1回戦 勝利 J・モナコ(アルゼンチン) 6-2, 6-2, 5-7, 6-2
・2回戦 勝利 R・カラヌシッチ(クロアチア) 6-1, 7-5, 途中棄権
・3回戦 勝利 D・フェレール(スペイン) 6-4, 6-4, 3-6, 2-6, 7-5
・4回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 4-6, 3-6

<2007年>
・予選1回戦 勝利 P・アムリトラジ(インド) 3-6, 6-1, 6-4
・予選2回戦 敗退 B・パウ(ドイツ) 2-6, 4-6

《全米オープン 対戦表》

《錦織圭特集「Project10」》

《錦織圭 世界ランキング一覧》

《錦織圭 写真一覧》


■関連記事■

《錦織、本音語る「プレッシャー」「4大大会で勝つ」「ヒーローが2人いる」》

《錦織、マレーら出場選手発表<楽天ジャパン・オープン>

《錦織圭が使用するニューモデルのラケットが話題に》

《錦織圭、ベスト8進出と世界トップ10入り逃す<ロジャーズ・カップ男子>》

《錦織「いつまでも彼が僕の目標」、フェデラー戦振り返る》

《添田豪が予選突破、元世界8位との対戦へ<全米オープン>》


■関連動画■

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

(2013年8月27日17時22分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月15日

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

【速1ポイント報】フェデラーvsジョコビッチ (23時04分)

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

11月13日

【1ポイント速報】チチパスvsズべレフ (23時03分)

安藤証券OP 日比野ら2回戦へ (20時05分)

全豪JrWC 松田絵理香が決勝へ (18時26分)

フェデラー「満足」ジョコ戦へ (16時26分)

ジョコ撃破で初の決勝T進出 (11時27分)

元世界4位が現役引退を発表 (10時57分)

ジョコ「脱帽、祝福したい」 (9時21分)

ジョコビッチ 死闘の末に惜敗 (8時23分)

フェデラー 快勝で1勝1敗 (1時09分)

11月12日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsティーム (23時02分)

全豪ジュニアWC 12日の結果 (20時51分)

ナダル初撃破「最終戦は特別」 (13時32分)

チチパス「最も重要な勝利」 (12時04分)

ナダル「がっかり」 初戦黒星 (11時05分)

ナダル 完敗で黒星スタート (9時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!