- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】クルム伊達は女王セリーナに完敗<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、女子シングルス3回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)は第1シードで大会連覇を狙うS・ウィリアムズ(アメリカ)に2-6, 0-6のストレートで敗れ、1996年以来17年ぶりのベスト16進出とはならなかった。

クルム伊達のウィンブルドン最高記録は1996年のベスト4進出で、その時は準決勝でS・グラフ(ドイツ)にフルセットで敗れている。

42歳のクルム伊達は2回戦でA・カダントゥ(ルーマニア)を6-4, 7-5のストレートで下し、ウィンブルドンでは1996年以来17年ぶりの2回戦突破と同時に、1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を決めた。クルム伊達は2004年のウィンブルドンで2回戦進出を果たした当時47歳のM・ナブラチロワ(アメリカ)の記録を更新した。

一方、クルム伊達に勝利したセリーナは、今年のウィンブルドンで6度目の優勝と大会2連覇を狙う。

セリーナは4回戦で、第14シードのS・ストザー(オーストラリア)に逆転で勝利した第23シードのS・リシキ(ドイツ)と対戦する。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《クルム伊達、女王セリーナ戦「やりたくはない」<WOWOWインタビュー>》

《最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>》

《快勝のセリーナ、次戦はクルム伊達「危険な選手」<ウィンブルドン>》

《錦織は悔しさにじませる「物足りない」、初の16強逃す<ウィンブルドン>》

《錦織、松岡以来18年ぶり8強とトップ10入りは持越し<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

(2013年6月30日5時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!