- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界10位破り完全復活のヒューイット「自分はまだ戦える」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は24日から開幕し、男子シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位で2002年の今大会のチャンピオンであるL・ヒューイット(オーストラリア)が世界ランク10位で第11シードのS・ワウリンカ(スイス)を6-4, 7-5, 6-3のストレートで下す金星を飾り初戦突破を果たした。

「もう何年かぶりに、万全な体調でコートに立つ事が出来たと感じている。」と語るヒューイットはつま先の怪我で一時は233位までランキングを下げていた。「だからこの勝利はより特別なものになったよ。まだこうしてここで戦っていられるんだって感じられたしね。」と勝利の喜びをコメントしていた。

4週間前に行われた全仏オープンの1回戦では、G・シモン(フランス)と対戦したヒューイットは、第1、第2セットを先取し勝利まであと一歩と迫りながらも逆転負けを喫していた。この日もワウリンカからリードを奪いながら、4回もマッチポイントを逃し、5度目のマッチポイントを決めての勝利に、思わずひざまずいて勝利の喜びを表したヒューイット。

「勝利が見えていたにも関わらず、しばらくそれから遠ざかっていたんだ。勝ち方を忘れてしまっていたかのようだった。怪我など色々な事があったからね。この2年間は、ここへ来て戦ってはいたけど、特に去年は肉体的に50パーセントにも達していない状態だった。ただ楽しめれば良いって思っていたんだ。」

ヒューイットは2001年の全米オープンで自身初のグランドスラム優勝を飾り、翌2002年のウィンブルドンを制していた。それはそれまでP・サンプラス(アメリカ)A・アガシ(アメリカ)がテニス界に君臨していた時代と、その後のR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)の時代の狭間にあった時だった。

「それは受け入れているよ。」とヒューイット。「この大会にはとても良い思い出があるんだ。もし誰かがもう1度だけ、ウィンブルドンで優勝出来ると言うなら、それを日々信じてしまうだろう。自分に取ってウィンブルドンとは、再び戻って来る場所として、それほど特別な大会だし、これからもずっとそうなんだ。」とウィンブルドンへの思いも語っていた。

2回戦ではG・ガルシア=ロペス(スペイン)を6-3, 6-3, 6-3で倒した予選勝者のD・ブラウン(ジャマイカ)と対戦するヒューイット。「今日の勝利で自分はまだ戦えると思えた。今のトップ選手と対戦出来たし、大きな大会で良いプレーも出来たと思う。だからこそ自分はまだ現役を続けているのさ。」と今の気持ちを加えていた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

■関連記事■

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《「優勝の瞬間を味わいたい」フェデラーが完璧な1回戦<ウィンブルドン>》

《激闘続けるヒューイットが4強入、世界8位下す<AEGON選手権>》

《好調ヒューイットが優勝、全豪上位進出なるか◇クーヨン・クラシック》

(2013年6月25日19時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!