- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

衝撃の事件から20年、セレス「あの事件で、私のテニス人生は一変」

女子テニス界の歴史を塗り替えてしまった大事件から、早くも20年の月日が流れた。19歳だったM・セレス(アメリカ)がライバルだったS・グラフ(ドイツ)の熱狂的ファンに背後から刃物で刺されたのは1993年4月30日。女子テニスのレジェンドであるM・ナブラチロワ(アメリカ)は、あの事件がなければ女子テニス界の歴史は大きく変わっていただろうと語る。

それまで世界ランク1位だったグラフを抜いて女王の座にいたセレスは、グラフの祖国であるドイツはハンブルグの大会に出場しており、順当な勝ち上がりをみせていた。準々決勝ではM・マレーバ(ブルガリア)と対戦し、6-4, 4-3とリードしたコートチェンジの時、チェアーに座っていたセレスは、背後から暴漢に襲われ2年4ヶ月のツアー離脱を余儀なくされてしまった。

「セレスは、恐らくもっと多くの優勝を飾っていたでしょう。(24度の優勝の)M・コート(オーストラリア)やグラフを抜いて、グランドスラムの最多優勝者になっていたかもしれない。グラフは22度のグランドスラム優勝があるけど、あの時はライバルと呼べる選手がいなかった。あの事件の犯人は、女子テニスの歴史を大きく変えてしまった。それは疑う余地もない。」

18度のグランドスラム優勝を誇るナブラチロワはそう語る。

セレスが世界で活躍するまでは、グラフの独壇場だった女子テニス界。グラフ時代がしばらく続くかと思われていたが、セレスが登場して状況は一変。女王だったグラフの座を奪う活躍を始めていた。

グラフが初めてグランドスラムの舞台に立ったのは、当時は全豪オープンがシーズン終わりの11月に行われていた時代の1983年5月の全仏オープン。当時グラフは、13歳と11ヶ月だった。そして、初めてグランドスラムを制したのは1987年の全仏オープンでグラフが17歳11ヶ月の時だった。

グラフより4歳6ヶ月年下のセレスがグランドスラムに初登場したのは、1989年の全仏オープンで当時15歳と6ヶ月。そして、翌年の全仏オープンでは初優勝を飾った。その後セレスは、19歳5ヶ月だった時に事件に襲われるまで、8度ものグランドスラム優勝を飾っており、グラフが19歳5ヶ月だた時と比べると、3度も多くのグランドスラムの優勝を飾っていた。2年4ヶ月後に復帰したセレスは、1996年の全豪オープンしか優勝を飾る事がなかった。

セレスと親交の厚いメアリー・ジョー・フェルナンデスもナブラチロワのコメントにこう加えていた。

「セレスの記録を見ると、人々は忘れてしまうかもしれない。セレスは、9度のグランドスラム優勝がある。もちろんその事自体、素晴らしい事。でも、あの事件がなければ、少なくともその2倍のタイトルは獲得していたでしょう。当時の彼女は、全く別のレベルにいた。」

今年の12月で40歳を迎えるセレス。生まれは当時のユーゴスラビアだが、ツアー離脱中の1994年3月にアメリカ国籍を取得し、現在もアメリカはフロリダ州で生活を続けている。

セレスは、事件直後に病院へ運ばれ治療を受けた。外傷は時間が経てば回復へ向かったが、心の傷が癒えるにはかなりの時間を要した。復帰したのは1996年の8月。カナダはトロント大会で、1セットも落とさず圧倒的な強さを見せ優勝。

その後、出場した全米オープンでも順当に決勝進出を果たし、決勝戦ではグラフと対戦。その時は世界ランク1位だったグラフと、特別措置で1位の座を守られていたセレスとは、世界ランク1位同士の決勝戦となったが、フルセットでグラフに軍配があがった。

女子テニス界の歴史を大きく変えたこの事件。その後のテニスシーンにも影響を与えている。コートチェンジ時のチェアーに座ると選手は観客に背中を向けているが、今ではボールキッズがコートから選手へ向かって立ち、選手の背後を監視するようなセキュリティ対策が取られている。

犯人は当時38歳だったグエンテール・パルチェで、その場で抑え込まれ逮捕された。彼は1000ドイツマルク(当時約6万5千円)を持ち、セレスが次に出場する大会の地のイタリアへの航空チケットを持っていた。伝えられたところによると、現在彼は寝たきり状態でドイツはチューリンゲンの福祉施設にいるという。

その後パルチェは、精神疾患との診断も下され、2年間の執行猶予の判決が下されたにすぎず、セレスはその後1度もドイツを訪れる事はなかった。

セレスは、自身の自叙伝で「何千人もの観客の前でコートの上で刺されたのです。あの事件から、自分自身を遠ざける事は不可能です。あの事件で、私のテニス人生は一変してしまいました。そして、完全に心に傷を負ってしまったのです。あの一瞬で、私は全く別の人間になってしまったのです。」と、綴っている。


■関連記事■

《元女王セレスが来日「日本テニスを盛り上げたい」》

《テニス四大大会9勝のセレスが引退を正式表明》

《元女王セレスがエキシビションに出場◇ロジャーズ・カップ》

《セレスが国際テニス殿堂入りを果たす》

《モニカ・セレスが自身のダイエットを語る自叙伝を出版》

《元女王ヒンギスが殿堂入り「この上ない名誉」》

《グラフ、ナブラチロワがチャリティーイベントに登場◇BNPパリバ・オープン》

(2013年5月5日13時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

8月16日

東レ 大坂ら出場選手決定 (20時33分)

全日本Jr女子 16日結果一覧 (19時28分)

全日本Jr 16日男子結果一覧 (19時15分)

フェデラー脱帽「完璧だった」 (18時18分)

大坂8強「うまくできた」 (13時39分)

西岡「最高のプレー出来た」 (13時20分)

ジョコビッチ 9度目の8強へ (12時59分)

大坂なおみ 熱戦制し8強進出 (7時29分)

フェデラー 3回戦敗退の波乱 (6時57分)

【1ポイント速報】大坂vsシュウェイ (6時56分)

西岡良仁 マスターズ初8強 (1時36分)

【1ポイント速報】西岡vsデ ミノー (1時27分)

8月15日

インカレ 15日結果一覧 (20時26分)

大坂 次戦シュウェイを警戒 (19時33分)

錦織らシード勢が初戦敗退 (13時02分)

西岡「錦織は日本のヒーロー」 (11時43分)

錦織圭 勝者の西岡良仁を称賛 (11時16分)

錦織破った西岡「緊張した」 (9時50分)

ズべレフ 5年連続の初戦敗退 (9時28分)

チチパス 死闘の末に初戦敗退 (9時17分)

ワウリンカ破りフェデラー戦へ (9時04分)

シャラポワ破り初戦突破 (9時04分)

錦織、体調不良「息苦しい」 (7時18分)

大坂なおみ 苦戦も初戦突破 (7時00分)

【1ポイント速報】大坂vsサスノビッチ (6時59分)

錦織 西岡にストレート負け (1時54分)

【1ポイント速報】錦織vs西岡 (1時53分)

8月14日

全日本Jr台風影響 15日は中止に (21時07分)

全日本Jr 14日女子結果一覧 (20時46分)

全日本Jr 14日男子結果一覧 (19時09分)

クヴィトバ 接戦の末に敗退 (16時39分)

シャポバロフ 逆転で初戦突破 (15時19分)

マレー組 逆転で初戦突破 (15時16分)

世界1位ペアに2連敗 (15時13分)

セリーナ 背中の負傷で棄権 (14時08分)

フェデラー 中断挟むも快勝 (10時46分)

ナダルらに続きティームも棄権 (10時15分)

昨年準Vデルポ 全米OP欠場 (9時12分)

ジョコ初戦突破、連覇へ前進 (8時39分)

ワウリンカ 死闘制し初戦突破 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!