- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王セレスが来日「日本テニスを盛り上げたい」

現在来日中の、元女子テニス世界ランク1位で四大大会9勝を誇るM・セレス(アメリカ)が7日、WOWOWテニスグランドスラム4大会放送の記者会見に臨み、テニスや日本、ジュニア育成への熱い思いを語った。

1973年にセルビア(当時ユーゴスラビア)で生まれたセレスは、アメリカに移住後、15歳でプロ転向。翌年の全仏オープンでは決勝でS・グラーフを倒し、16歳6ヶ月で優勝を果たした。この記録は、現在も全仏オープンの女子シングルス最年少優勝記録となっている。またツアーでは全豪オープン4回、全仏オープン3回、USオープン2回を含む通算53勝を達成している。

2008年からWOWOWテニスアンバサダーに就任し、ウィンブルドン以降のグランドスラム大会で同局のテニス放映を盛り上げていくセレスは会見で、「まず数年ぶりに東京に戻って来られたことを嬉しく思います。またWOWOWテニスアンバサダーに就任させていただいたことを光栄に思っています。WOWOWが初めて、テニス界の祭典であるウィンブルドンをはじめとするテニスの四大大会を全て放送することに感激しています。私もテニスファンの皆さんと一緒に素晴らしい試合の数々を観ることを楽しみにしています。」とコメント。

現在34歳のセレスは先日、現役引退を表明しており、「皆さんご存知の通り、私は正式に引退しました。この決断は決して簡単なものではありませんでした。何年もカムバックに挑戦しましたが、残念なことに私の身体が限界に達し、現役生活に幕を下すことにしました。しかし、これからもイベントや、ジュニア育成などでテニスに関わっていくつもりです。」と今後の活動についてコメント。

また、セレスは東京で5度のツアー優勝をあげたほか、15歳からヨネックスと契約しているなど、日本とは縁が深い。「この日本で何度もプレーし、数々の優勝を収めたことで、日本テニス協会会長の盛田正明氏と親しくさせて頂いています。会長は日本人テニスプレイヤーの成長のために尽力されています。数年前、私が住んでいるフロリダにあるボロテリ・テニス・アカデミーで、ケイ[錦織圭(日本)]という名前の日本人の少年がプレーしているのを見ました。彼を教えているコーチにたずねたところ、彼(ケイ)は素晴らしい選手だよ、と言っていました。その後、彼のことは忘れていましたが、彼は先月初のATPタイトルを獲り、世界レベルの舞台に立ったことで世界中の注目を集めました。それを見て、これ以上ないというくらい嬉しかったです。ケイや私、そしてWOWOWが一緒になって、テニスの普及に努めたいと思います。」

「私はテニスを7歳のときに始めました。父が駐車場の車の間にネットを張ってくれたんです。テニスは私にチャンスを与えてくれ、多くの子供達に勇気を与えています。私はWOWOWを通じてテニスをサポートし、これから開催される全仏オープン、ウィンブルドン、そしてUSオープンでは、ファンの皆さんにもっと細部までお見せできるようにしたいです。そして、それを見た子供達から日本のテニスを盛り上げて、10年後に東京に戻ってきたときには、私の隣に男子でも女子でも日本人の将来のチャンピオンがいるという夢が叶うといいと思っています。」と話した。

この会見には、セレスのほかに、WOWOW代表取締役社長の和崎信哉氏、2008ウィンブルドンテニス・スペシャル・アンバサダーの石黒賢氏、WOWOWテニスナビゲーターのフローラン・ダバディー氏が参加した。

(2008年3月7日20時58分)
その他のニュース

10月26日

【告知】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!