- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭は元世界19位との対戦決まる◇ソニー・オープン男子

男子テニスツアーのマスターズ大会であるソニー・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)はシングルス2回戦が行われ、第13シードの錦織圭(日本)V・ハネスク(ルーマニア)を6-3, 6-3のストレートで下し、3回戦進出を決めた。錦織はベスト16進出をかけて、第22シードのJ・シャーディ(フランス)を下したX・マリス(ベルギー)と対戦する。両者は今回が初の対戦となる。

元世界ランク19位のマリスは、2002年のウィンブルドンでY・カフェルニコフ(ロシア)G・ルゼッドスキ(英国)R・クライチェック(オランダ)などを下し、ベスト4進出を果たしていた。またこの記録は、グランドスラムでのベルギー男子テニス選手で最高成績となっている。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、錦織は4回戦で第3シードのD・フェレール(スペイン)と顔を合わせる。錦織とフェレールは、今年の全豪オープン4回戦でも対戦し、その時はフェレールがストレートで勝利していた。

また、先週行われたBNPパリバ・オープン男子で錦織は、3回戦でC・ベルロク(アルゼンチン)に敗れた。錦織とベルロクは今年の全豪オープン2回戦で対戦し、その時は錦織がストレートで勝利していた。

今大会の上位陣は、世界ランク1位で大会3連覇を狙うN・ジョコビッチ(セルビア)が第1シードに入り、第2シードはA・マレー(英国)、第3シードはフェレール、第4シードはT・ベルディフ(チェコ共和国)、第5シードはJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)となっている。R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)は欠場を表明している。

日本勢からは、添田豪(日本)伊藤竜馬(日本)も出場したが、ともに1回戦で姿を消した。

この日行われた試合結果は以下の通り。

○錦織圭(13) vs. ●V・ハネスク, 6-3, 6-3
●J・シャーディ(22) vs. ○X・マリス, 3-6, 2-6
T・ハース(ドイツ)(15) vs. ●I・セイスリン(オランダ), 6-0, 5-7, 6-3
J・ベネトー(フランス)(24) vs. ○J・ブレイク(アメリカ), 2-6, 3-6
F・フォニュイーニ(イタリア)(32) vs. ●M・ロドラ(フランス), 6-4, 6-1
M・グラノジェルス(スペイン)(31) vs. ○J・メルツァー(オーストリア), 3-6, 4-6
J・モナコ(アルゼンチン)(12) vs. ○A・ラモス(スペイン), 2-6, 6-4, 3-6
○D・フェレール(3) vs. ●D・ツルスノフ(ロシア) (途中棄権)
F・マイヤー(ドイツ)(23) vs. ○G・ゼミヤ(スロベニア), 3-6, 6-7
A・ドルゴポロフ(ウクライナ)(19) vs. ●N・ダビデンコ(ロシア), 6-2, 6-3
J・ティプサレビッチ(セルビア)(7) vs. ●D・セラ(イスラエル), 6-2, 6-4

《ソニー・オープン男女シングルス対戦表》


■関連記事■

《錦織圭、31歳ベテラン下す◇ソニー・オープン男子》

《錦織が自己最高タイ、ナダルはトップ4返り咲き◇世界ランキング》

《第16シード錦織圭、世界85位からチャンス掴めず◇BNPパリバ・オープン男子》

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭が棄権、リベンジならず◇デルレイビーチ国際テニス選手権》


■関連動画■

《錦織圭のツアー3勝目を完全網羅◇ATPマガジン Vol.160》

(2013年3月23日9時02分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!