- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クズネツォワ快進撃に「ベスト8に残れて驚き」◇全豪オープン女子デイセッション総括

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会8日目の21日に女子シングルス4回戦が行われ、ノーシードから勝ち上がったS・クズネツォワ(ロシア)が第10シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)を6-2, 2-6, 7-5で下し、ベスト8入りを決めた。

【ウォズニアキ vs. クズネツォワ】

2004年の全米オープン、そして2009年の全仏オープンで優勝しているクズネツォワは、今年は新たな気持ちで臨んでいると述べ、2年ぶりに四大大会の準々決勝に進めてうれしい、と語る。「シドニーの大会でいくつか試合をこなせたのが好調の原因だと思う。一所懸命練習をしているけれど、フィットネス、コンディショニングといった点では満足がいくほどの時間はとれていない。だからベスト8に残れて驚きね。」

「オーストラリアに来る前に全豪でベスト8入りできるかどうか聞かれていたら、一笑に付していたわね。」

クズネツォワは膝の故障に苦しみ、ランキングも11年ぶりにトップ50から転落してしまっていた。しかし引退を考えたことはない、と話す。「膝の痛みに苦しんでいたときは、一日中、松葉杖で歩かなければならなかった。タイにもバリにも行ったけれど、一日中ビーチで松葉杖をついていた。手にマメができてしまったわ。でも自宅に戻る時間があったから気持ちを新たにできた。その結果、まだまだテニスを続けたいことが分かったの。テニスが嫌いになったことはないけれど、勝ちたいという気持ちをもってコートに戻ってきたかった。」

一方、敗れたウォズニアキは「今日は勝ちたかったけれどだめだった。でも今シーズンはまだまだ始まったばかり。向上させるべき点もいくつかあるし、まだまだうまくなれる。」と敗戦にも前向きだった。

ウォズニアキはファイナルセットの3−2リードの場面で微妙な判定があり、それにも苦しんだ。

第6ゲームはクズネツォワのサービスで、デュースの場面でクズネツォワがワイドにサービスを放つ。フォルトのコールが聞こえたウォズニアキはボールを止め、そのボールはネットにかかった。

クズネツォワはその判定をチャレンジ、結果はインで、主審はクズネツォワにポイントを与える。ウォズニアキは抗議をしたものの判定は覆らなかった。結局、このゲームはクズネツォワがキープに成功、3−3のタイに戻った。

しかしウォズニアキは敗戦はそのせいではないと考えている。「正しい判定ではなかったとは思うわ。ラケットがボールに触っていたから。フォルトの声はしっかり聞こえた。ボールがフレームに当たってネットを越える見込みがなかったらしょうがないけれど、あの場面では私のラケットに、ガットに当たっていた。」

「彼女(クズネツォワ)はあのポイントを獲得すべきではなかった。」

「でも私は次のポイントをとってデュースに戻し、そして結局はゲームを奪えなかった。つまり、それほど大切なポイントではなかったということ。精神面で何の影響もなかった。その後も淡々とプレーを続けたわ。」

【伊達/パーラ=サントンハ vs. プシェンコ/ゼン】

日本勢で残っていたクルム伊達公子(日本)A・パーラ=サントンハ(スペイン)と組み、V・レプシェンコ(アメリカ)S・ゼン(中国)組に挑んだが、6-3, 3-6, 6-7(5-7)で惜敗し、3回戦突破、1992年以来となる21年ぶりのベスト8進出はならなかった。

クルム伊達/パーラ=サントンハ組は今大会2回戦で、昨年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した第2シードのA・フラヴァコバ(チェコ共和国)L・フラデカ(チェコ共和国)組から大金星を挙げていた。

敗戦についてクルム伊達は自身のブログで次のように述べている。

「わずかの差で勝てませんでした。ファイナルタイブレイクで負け。あとの数本は近いようで遠かったのかな!?もちろん残念だけど、同時にやりきった感も大きい。とくにダブルスの場合ここまでやりきった中で勝てなかったらしょうがない。」

「なんとか勝ちたかった気持ちはすごく強かったけどこれは運が味方してくれなかったというしかない。それでもあのときに....と考えないわけじゃない。でもArantxaとのダブルスは楽しかったのが何より!」


■関連記事■

《クルム伊達に勝利した世界56位、19歳に敗れる◇全豪オープン》

《クルム伊達ペアが銀メダルペアを撃破◇全豪オープン》

《クズネツォワが2時間28分で元女王破る◇全豪オープン》

(2013年1月22日10時52分)

その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!