- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

天才ヒンギスのアドバイスで急上昇

男子テニスで今年9月に自己最高位の30位を記録し、今季を世界ランク32位で終えるなど、キャリアベストのシーズンを送ったJ・シャーディ(フランス)だが、彼が好調なシーズンを送れた要因に、元世界女王のM・ヒンギス(スイス)の指導があったとシャーディ本人が語った。

25歳のシャーディはジュニア時代、2005年のウィンブルドン・ジュニアで優勝、その後の全米オープン・ジュニアでも準優勝を飾るなど、ジュニアランキングでは最高4位を記録し、期待されつつ同年にプロ転向を果たした。

2009年7月にはドイツはシュトゥットガルトでATPツアー初優勝を飾ると、その年の11月に当時の自己最高位である31位を記録。しかし、以降はその年を越える活躍がみせられないばかりか、2011年10月には133位にまでランキングが下がり、昨シーズンは103位でシーズンを終えていた。

そんな彼は、祖国フランスはパリ郊外にあるパトリック・ムラトグルー・テニス・アカデミーでジュニア時代から練習とトレーニングを行ってきた。

ヒンギスは昨年の秋から、そのアカデミーのアドバイザリー・コーチとして、同アカデミーに所属しているジュニアを中心に指導を始めており、その事からシャーディへもアドバイスや指導を行なうようになったという。

「プロとしての専門分野で世界の頂点に立った事があった人こそ自分に必要な人物だったんだ。彼女は物事をしっかり理解する能力や違ったものの見方が出来る人。彼女とは常にテニスの話をしているんだ。練習やトレーニングの仕方から、持っている不安などを彼女に質問していたんだ。彼女のテニスというスポーツへの考え方や戦略などは、本当に素晴らしいものだった。」

とシャーディは、ヒンギス自身の物の見方や考え方に刺激や影響を受けた事を明かしていた。

ヒンギスはジュニア時代から天才少女と呼ばれ、1994年に若干13歳でプロ転向。その後も着実に実力を付けた彼女は、1997年の全豪オープンでオープン化以降グランドスラム最年少優勝となる16歳3ヶ月26日で優勝。その後は、最年少での世界ランク1位の座に16歳6ヶ月1日で登り詰めた。

シングルスに加えてダブルスの上手さでも有名だったヒンギスは、ダブルスランキングでも世界ランク1位となり、シングルスとダブルスで同時に1位になった数少ない選手の一人。ヒンギスの他にはM・ナブラチロワ(アメリカ)L・ダベンポート(アメリカ)A・サンチェス=ビカリオ(スペイン)K・クレイステルス(ベルギー)の4人しか達成していない。

2002年5月に左足首の手術を受け、2003年、2004年、2005年とほぼ活動しておらず、一時引退。しかし、2006年シーズンに見事な復帰を果たし世界ランク6位までランキングを戻すも、2007年に受けた検査でコカインの陽性反応が出る騒ぎになった。

真っ向から否定していたヒンギスだったが、27歳になるヒンギスは時間を費やして身の潔白を晴らす事はせずに2度目の引退を選択し、プロ人生に幕を降ろした。

そんなヒンギスの経験と才能を若手選手の育成に生かそうと、アカデミー創設者であり名コーチのパトリック・ムラトグルー氏が彼のフランスのアカデミーへ力を貸して欲しいとオファーを出し、快く受けたヒンギスがそのアカデミーでの活動を昨年から始めていた。

シャーディの活躍はヒンギス効果とコメントしている。今後も同アカデミーからヒンギスの指導の下、世界の舞台で活躍する選手が出てくる事を予感させる。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年12月26日11時18分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月18日

大坂「とても安心した」 (20時36分)

【告知】土居美咲vsヴェキッチ (20時21分)

大坂なおみ 東レ初戦突破 (18時51分)

【1ポイント速報】大坂vsトモワ (17時09分)

土居/ 日比野組が初戦突破 (16時26分)

大坂らトップを支える職人技 (15時15分)

高温多湿に苦戦も初戦を突破 (14時22分)

フェデラー 東京五輪に言及 (12時39分)

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破 (11時22分)

ツォンガ 逆転勝ちで初戦突破 (10時33分)

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!