- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】貴公子フェレーロ、やっと手にしたビッグタイトル◇第2弾 2012引退シリーズ その1

今年テニス界でスーパースター達の引退があった。

ソニー・エリクソン・オープン男子ではF・ゴンサレス(チリ)、全米オープンではA・ロディック(アメリカ)K・クレイステルス(ベルギー)、バレンシア・オープンではJ・C・フェレーロ(スペイン)が現役生活に幕を閉じた。

昨日まで3日連続でロディックを特集しましたが、本日はフェレーロを特集。

クレーコーターと言えばG・クエルテン(ブラジル)G・コリア(アルゼンチン)G・ガウディオ(アルゼンチン)R・ナダル(スペイン)などいるが、フェレーロを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

1998年にプロ転向したフェレーロは、1999年までに世界ランクを40位台まで急上昇させたことにより最優秀新人賞を獲得。まさに貴公子のような存在感だった。

2000年には全仏オープンに初出場し、いきなりベスト4進出。準決勝でクエルテンに挑戦したフェレーロは5-7, 6-4, 6-2, 4-6, 3-6のフルセットで敗れる。その年、クエルテンは全仏オープンのタイトルと獲得する。翌年の同大会でもフェレーロは2年連続となる準決勝でクエルテンに敗れる。

その後、着実に力をつけたフェレーロは、2002年の全仏オープンでコリア、ガウディオ、当時世界ランク4位のA・アガシ(アメリカ)、当時同2位のM・サフィン(ロシア)に勝利し、最高の状態でグランドスラム初の決勝進出を果たす。

決勝の相手は、世界ランク22位で同胞の先輩であるA・コスタ(スペイン)だった。

その決勝でフェレーロは本来の力を発揮できず、第2セットが終わった時点でわずか1ゲームしか奪えていなかった。第3セットからエンジンがかかったフェレーロはこのセットを奪い、セットカウント1−2とする。だが、コスタの粘り強い勢いを止めることができず、フェレーロは準優勝に終わってしまう。

同年、ATPワールド・ツアー・ファイナルに出場し、決勝進出を決める。決勝では当時世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)に5-7, 5-7, 6-2, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、涙をのんだ。

2002年に悔しい思いをしたフェレーロは、翌年2003年に大きく飛躍することとなる。

その年のクレーコートシーズンに入るとモンテカルロ・マスターズ、バレンシア大会の2大会で優勝し、調子を上げた状態で全仏オープンへ出場する。

優勝候補の一人として注目されていたフェレーロは、安定感のあるストローク戦で相手を圧倒し、ベスト8進出を果たす。準々決勝ではジュニア時代からライバルだったゴンサレスに6-1, 3-6, 6-1, 5-7, 6-4のフルセットで勝利、4年連続となる準決勝の舞台へ進出。

その準決勝で待っていたのは、2002年全仏オープン決勝の再現となるコスタだった。この試合でフェレーロは、コスタの強烈にスピンをかけたショットと強靭なフットワークに押されるも、終始試合の主導権を握り、先輩コスタに勝利する。勝利の瞬間、両手人差し指を天に突き上げた。

2年連続で決勝を決めたフェレーロの相手は、ノーシードから勝ち上がってきたM・フェルケルク(オランダ)だった。フェルケルクは、ビッグサーブとミスを恐れな豪快なストロークを武器にR・シュトラー(ドイツ)C・モーヤ(スペイン)、コリアなどの強豪を次々と倒し、快進撃を続けての決勝進出だった。

決勝でフェレーロは、その恐ろしい相手に試合の流れを与えなかった。フェルケルクの強烈なショットを幾度となく跳ね返し、フェレーロはマッチポイントを握る。そのポイントでは、最後フォアハンドのダウンザラインを決めゲームセット。悲願のグランドスラム初優勝を果たした。

同年フェレーロはハードコートでも力を発揮し、全米オープンではヒューイット、アガシの同大会歴代チャンピオンを下し、その年2度目となるグランドスラム決勝の舞台へ。決勝ではロディックの強烈なサーブと安定感のあるストローク戦に翻弄されストレートで敗れるも、全米オープン終了後に発表された世界ランキングでフェレーロは世界1位の座を手にし、2003年は最高の年となった。

しかし、2004年からフェレーロは徐々に調子を落とし始めることとなる。

【続きは12月3日(月)】

《「ロディック、ギルバートと手を組み栄冠◇第1弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「ロディックに「フェデラー」という壁が立ちはだかる◇第1弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3」はこちら》

(2012年12月1日18時54分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月23日

チリッチ勝利 ワウリンカ棄権 (13時49分)

【告知】錦織vsティアフォー (12時26分)

大坂 敗戦も「何も後悔ない」 (11時21分)

錦織 最終戦10位 イズナー9位 (11時00分)

10月22日

大坂 初戦黒星、終盤失速 (23時07分)

【1ポイント速報】大坂vsスティーブンス (20時32分)

錦織11位 日本勢世界ランク (17時34分)

カチャノフ快勝、地元で初V (12時42分)

ダニエル太郎 接戦制し本戦へ (12時01分)

錦織11位 22日付世界ランク (10時48分)

初V エドモンド「幸せ」 (10時02分)

20歳チチパス 悲願の初V (8時29分)

10月21日

斎藤恵佑 スーパーJr優勝 (23時18分)

錦織 最終戦かけウィーン出場 (18時59分)

死闘制したカサキナ2勝目 (17時21分)

錦織と最終戦争うイズナー敗退 (16時17分)

同い年の同胞対決制し決勝へ (15時50分)

チチパス「価値ある勝利」 (15時12分)

「ラッキー」モンフィス決勝へ (14時10分)

大坂らファイナルズ初戦日程 (13時20分)

上杉海斗 Jrクリニック開催 (13時09分)

土居/日比野組、快勝で複V (11時01分)

イズナー撃破「気分良い」 (10時35分)

10月20日

斎藤恵佑 第1シード破り決勝へ (23時44分)

錦織らウィーン組み合わせ発表 (20時15分)

大坂ら最終戦 賞金などの概要 (19時44分)

MPしのいだガスケ 辛勝で4強 (15時07分)

最終セットはタイブレークへ (13時11分)

最終戦争うイズナー4強へ (12時11分)

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!