- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

地元のベテラン、ハースが初戦突破◇メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、賞金総額35万8425ユーロ、クレー)は火曜日、シングルス1回戦残り9試合を行い、地元から第8シードで出場している34歳のT・ハース(ドイツ)が予選を勝ち上がったI・アンドレエフ(ロシア)を4-6, 6-2, 6-2の逆転で下し、地元ファンの声援に勝利で応えた。

今大会への出場は2000年以来となるハースは、第1セットでは1度のブレークをアンドレエフに許し先取されるも、第2セット以降は元世界ランク2位の実力を発揮。その後は1本のブレークポイントさえアンドレエフに与えず、第2、第3セットはいずれも2度のブレークに成功、1時間36分の逆転で勝利を飾った。

「こうして今大会へ帰ってこれて興奮しています。家族も見守ってくれている中、とても厳しい試合でした。アンドレエフも怪我から復帰の途中にいますが、こうして彼からクレーで勝利を飾る事が出来て本当に嬉しいです。」とハースは勝利の喜びを語っていた。

ハースと同様、地元から出場のC・M・ステベ(ドイツ)も第7シードのL・クボット(ポーランド)を6-2, 0-6, 6-3と出入りの激しい展開を制し、2回戦進出を決めた。

第1セットは2度のブレークに成功したステベが先取するも、第2セットはクボットが反撃に転じあっさりとセットを奪い返し、セットオールへと持ち込んだ。

勝敗を決める第3セットでは再び集中を増したステベが1本もブレークポイントをクボットに許さず、2度のブレークを奪い1時間41分で2回戦へ進んだ。

「第2セットはちょっと緊張してしまいました。今後は自分自身のプレーに集中して、落ち着いて緊張せずプレーする事を心掛けます。そうすれば上手く行くと思います。」とステベはこの試合の反省点を挙げていた。

ハースは予選勝者のP・セルベナクと、ステベは2009年の今大会チャンピオンのJ・シャーディ(フランス)とベスト8進出を懸けて2回戦で対戦する。この日セルベナクはS・スタコフスキ(ウクライナ)を6-1, 4-6, 6-1のフルセットで、シャーディは予選勝者のJ・ライスター(ドイツ)を6-2, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

そのシャーディは「コート上でとても気持ち良くプレーが出来ました。自信を持って積極的なプレーが出来たのです。第1セットの第1ゲームでブレークに成功して良いスタートが切れたので、その後もリラックスしてプレーを続けられて、彼(ライスター)にプレッシャーを掛ける事も出来ました。」試合を振り返り自身のプレーに万足していた。

その他、先に行われたウィンブルドンで大番狂わせを演じたL・ロソル(チェコ共和国)も初戦突破を決めた。この日のロソルは第5シードのR・ハース(オランダ)から、1度もブレークを奪われず、各セットで1度ずつのブレークに成功、6-4, 7-5のストレートで勝利を飾った。

世界ランク100位で臨んだウィンブルドンの2回戦で、第2シードのR・ナダル(スペイン)をフルセットの末に下す番狂わせを演じたロソル。その試合では22本のサービスエースを叩き出していたロソルは、この日の試合でも12本のサービスエースを記録するなど、78分でハースを退けた。

ロソルは予選勝者のM・フィッシャー(オーストリア)を6-3, 6-3のストレートで下したB・パウ(ドイツ)と準々決勝進出を懸けて2回戦で顔を合わせる。

その他の試合結果は以下の通り。

T・ベルッチ(ブラジル) ○-× R・ケルン, 7-6 (7-3), 6-2
T・カンケ(ドイツ) ○-× F・チポッラ(イタリア), 6-3, 6-4
B・パイユ(フランス) ○-× E・シュワンク(アルゼンチン), 7-6 (7-5), 6-4

今大会の上位4シード選手は1回戦が免除されているため2回戦からの登場。第1シードがJ・ティプサレビッチ(セルビア)、第2シードがJ・モナコ(アルゼンチン)、第3シードがB・トミック(オーストラリア)、第4シードがP・アンジャー(スペイン)と続く。

今大会の優勝賞金は6万4700ユーロ。

(2012年7月11日10時39分)

その他のニュース

6月19日

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!