- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナが2年ぶり5度目のタイトル獲得◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会12日目の7日、女子シングルス決勝が行われ、第6シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第3シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)に6-1, 5-7, 6-2のフルセットで勝利、今大会通算5度目、グランドスラム通算14勝を達成した。

2010年のウィンブルドン優勝以降、健康の問題に悩まされてきたセリーナは「私にとって信じられない旅路でした。素晴らしい気持ちです。大会を通して、本当に体調が良かったです。これは間違いなく素晴らしい何かの始まりだと思います。」と、久しぶりのメジャータイトルを喜んだ。

マッチポイントでバックハンドのウィナーを決めたセリーナは、その場でコートに倒れ込み、姉でありウィンブルドン5勝を誇るV・ウィリアムズ(アメリカ)が笑顔で見守る中で立ち上がった。

ネットを挟んでラドワンスカと握手を交わしたセリーナは、観客席を駆け上がり、自らをサポートしてくれたスタッフたちと喜びを分かち合った。

「たくさんのタフな出来事と向かい合うときは、少しガードを下げて、自分らしくあるべきです。」とセリーナ。「自分らしくあることが大好きです。私は普通の人間です。人々が私のそういった一面を見てくれる時が好きです。」

試合開始から経験に勝るセリーナが5ゲームを連取、試合は一方的に終わると思われた。今回がキャリア初のグランドスラム決勝だったラドワンスカは、前日の記者会見をキャンセルするなど、呼吸系に問題を抱えていた。

第2セット序盤でセリーナにブレークを許したラドワンスカであったが、第8ゲームでブレークバックに成功すると、第12ゲームでもブレークをセリーナから奪い、セットオールに追いつく。

「彼女は本当に良いプレーをはじめました。」とセリーナ。「彼女は素晴らしいグラスコートでのテニスをはじめました。たくさん返球してきましたし、少しパニックになってしまいました。」

第3セットに入ると再びセリーナが主導権を握り、第4ゲームから5ゲームを連取、一気にラドワンスカを突き放した。セリーナは試合を通して58本のウィナーを記録しているが、ファイナルセットだけで20本を決めていた。

「自分にもチャンスがありましたし、第2セットをとれました。」とラドワンスカ。「第3セットでの彼女は重要なポイントで良すぎました。ですから、あそこから挽回するのは難しいことでした。」

屋根が開けられたセンターコートで行われた女子シングルス決勝、第1セット終了後に雨のために一時中断となったが、屋根は閉じられることなく試合は再開されていた。

もし23歳のラドワンスカがこの試合に勝利して自身初となるメジャータイトルを獲得していた場合、来週発表される世界ランキングでM・シャラポワ(ロシア)を抜いて1位になっていた。しかし、ラドワンスカが敗れたことによって、1位の座はV・アザレンカ(ベラルーシ)のものとなる。

5月に行われていた全仏オープンでセリーナは、自身初となる初戦敗退を喫していた。1998年の全豪オープンからグランドスラムに出場ているセリーナにとって、初めてのことだった。

今大会でのセリーナはサーブが好調で、3回戦では1試合でのサービスエース数の最多記録を塗り替える23本のエースを記録。さらに準決勝では、自らの記録を更新する24本のサービスエースを決めていた。

この日の決勝でもセリーナは17本のサービスエースを記録、大会を通して102本のサービスエースは新記録となった。

「どうしてそんなに好調なのか説明できません。どうやったのかも分かりません。リズムはありました。そういった感覚です。」

セリーナにとって、このタイトルは2年前のウィンブルドン以来となる。その最後のタイトルを獲得した後、セリーナはレストランで足に怪我を負うと、その後は度重なる健康上の問題に悩まされていた。

「もちろん落ち込みました。」とセリーナ。「胃にチューブを通してドレーンしていました。血腫が出来る前は肺にも問題があって、その後に足の手術を受けました。」

30歳のセリーナは、1990年に今大会で優勝したM・ナブラチロワ(アメリカ)以来となる30歳以上のウィンブルドン女王となった。表彰式でセリーナは「気分は12、13歳くらいでした。」とおどけて見せた。

(2012年7月8日5時09分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月21日

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!