- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭、添田豪、伊藤竜馬が出場◇ロンドンオリンピック

国際テニス連盟(ITF)は26日、ロンドン五輪テニス競技の出場者リストを発表し、日本からは男子シングルスに世界ランク20位の錦織圭(日本)、同58位の添田豪(日本)、そして同65位の伊藤竜馬(日本)が入った。また男子ダブルスには錦織/添田組が推薦枠での出場を決めた。

オリンピックの男子シングルスは64人が出場し、そのうち56人がランキングによって選ばれ、8人がITFによる推薦枠となる。また各地域からは上位4人までが出場できる。

直接出場となる56人は、全仏オープン後に発表された6月11日付のランキングを基準に選ばれ、錦織と添田はほぼ確定だったものの、伊藤は当落線上で出場権の獲得が危ぶまれており、推薦枠による出場も申請されていた。

女子シングルスも男子と同様に64人が出場するが、その内訳は56人がランキングによって選ばれ、推薦枠が8人。日本女子からはクルム伊達公子(日本)森田あゆみ(日本)がランキングによる出場を目指していたが、ともに全仏オープンで初戦敗退を喫し、ランキングを上げることはできなかった。

日本テニス協会はウィンブルドンでベスト4進出などの実績を持つクルム伊達を推薦枠として申請していたが、残念ながら出場とはならなかった。

また1924年以来に正式種目となったミックスダブルスは、シングルスまたはダブルスで出場を決めている男女のペアとなっており、錦織とクルム伊達の出場は実現とはならなかった。

今年のオリンピックには前回の北京五輪の金メダリストから男子シングルスのR・ナダル(スペイン)、ダブルスのR・フェデラー(スイス)S・ワウリンカ(スイス)、女子ダブルスのS・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)が引き続き出場、女子シングルスで金メダルを獲得したE・デメンティエワ(ロシア)はすでに現役を引退している。

また男女ともにトップ20からは19人が出場を表明しているが、M・フィッシュ(アメリカ)M・バルトリ(フランス)は欠場することを表明している。

(2012年6月27日2時29分)

その他のニュース

7月22日

添田 CH2週連続準決勝敗退 (16時01分)

ガスケ 快勝で決勝進出 (15時39分)

ティームら上位シード勢ドロー (14時39分)

チェッキナート、ペラ 決勝へ (13時30分)

ブシャール 棄権で決勝ならず (12時01分)

フォニーニ 接戦制し決勝へ (10時51分)

ヒンギス結婚 スポーツ医師と (0時16分)

7月21日

錦織 渡米、チャンとのイベント (20時22分)

コルネ、ストーサー破り4強へ (19時56分)

ペラ、チェッキナートら4強 (19時27分)

4強ジョンソン以外は100位台 (16時37分)

ジョコ 完全復活までの道のり (14時50分)

ウエア提供のヴィーナスに感謝 (10時54分)

ガスケ 19歳破り4強へ進出 (9時35分)

7月20日

大坂ら東レ WOWOWで放送 (19時42分)

シャラポワ 全米前哨戦欠場へ (17時47分)

添田 逆転で2週連続CH8強 (17時18分)

フォニーニ、ガスケが8強へ (16時23分)

ブシャール 接戦制し8強 (13時24分)

連覇狙うルブレフ 8強入り (12時25分)

結婚発表 世界9位プリスコバ (11時04分)

フェレール 連覇の夢消える (7時38分)

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!