- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

コルネがツアー2勝目◇ガシュタイン女子

女子テニスツアーのガシュタイン女子(オーストリア/バートガシュタイン、賞金総額22万ドル、クレー)は日曜日に決勝戦を行い、第7シードのA・コルネ(フランス)が第2シードのY・ウィックマイヤー(ベルギー)を7-5, 7-6 (7-1)で振り切り、見事、4年ぶりの優勝を飾った。コルネは優勝賞金3万7000ドルを獲得した。

コルネは第1セット、5−5からウィックマイヤーのサービスをブレークすると、そのリードを生かしてこのセットを7−5で先取する。

第2セットに入っても勢いを失わなかったコルネは5−3とリードするが、粘るウィックマイヤーに5−5まで追いつかれる。

試合は結局タイブレークに入ったものの、集中力を切らさなかったコルネがタイブレークを7−1で締めると、そのまま試合に終止符を打った。マッチポイントではウィックマイヤーのフォアハンドがネットにかかった。

試合後、コルネは「今年はこの大会で優勝したいと思っていました。4年ぶりのタイトルなんて信じられません。うれしさでいっぱいです」と喜びを語った。

コルネとウィックマイヤーはともに22歳で、両選手ともに数年前に一度ピークを迎えた後にランキングが下降、そして現在は再び世界ランキングを上げてきている。コルネは2009年にキャリア最高の11位を、ウィックマイヤーは2010年に12位を経験している。現在のランキングはコルネが73位でウィックマイヤーが37位。

コルネは2008年にブダペスト大会で唯一のツアー優勝を飾っており、今回の優勝で2勝目を決めた。これでコルネの決勝戦での戦績は2勝3敗となった。

一方、準優勝に終わったウィックマイヤーは過去にツアーで3勝していた。2009年のエストリルとリンツ、2010年にはオークランドの大会を制覇しており、今回はそれ続く4勝目を狙ったが、惜しくも次回に持ち越しとなった。

今大会の前に両者は過去1度だけ、2009年のルクセンブルグの大会で対戦があり、そのときはウィックマイヤーが辛勝していた。今回の対戦により両者の戦績は1勝1敗のタイとなった。

(2012年6月18日10時47分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!