- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アンダーソンが逆転勝ちでツアー優勝◇SAオープン

男子テニスツアーのSAオープン(南アフリカ/ヨハネスブルグ、賞金総額44万2500ドル、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、地元期待の第4シードK・アンダーソン(南アフリカ)S・デウバーマン(インド)を4-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、見事、ATPツアー初優勝を飾った。試合時間は2時間19分だった。アンダーソンは優勝賞金7万6500ドルを獲得した。

第1セットを4−6で落としたアンダーソンだったが、第2セットを6−3で奪い返すと、天王山のファイナルセットでは2度のブレークに成功、最初のマッチポイントでデウバーマンのバックハンドがワイドにそれ、決勝に終止符を打った。アンダーソンが今週、1セットダウンから勝利を挙げたのはこれで3度目のことだった。

試合後、24歳のアンダーソンは「今、多くの感情が自分の中で渦巻いています。とても興奮していますし、地元のこの大会で優勝できてこれ以上の喜びはありません。」と話した。今大会で地元選手が優勝を飾ったのは1989年以来のこと。

試合は第1セット、デウバーマンが早々にブレークに成功し、2−1とリードを重ねる。デウバーマンは、角度のついたフォアハンドと攻撃的なリターンで2メートルを超す身長を持つアンダーソンにプレッシャーをかけた。

しかし雨による2度の中断があり、それを生かしたアンダーソンはブレークバックに成功、3−3とタイに戻す。

だがデウバーマンは、その後、再びブレークに成功すると、リードを生かしてそのまま第1セットを6−4で先取する。

しかし強力なサービスを持つアンダーソンは、第2セットに入るとリズムをつかみ、第6ゲームでブレークに成功すると、そのまま同セットを6−3で奪い返す。

ファイナルセットでは2−2からブレークに成功して3−2とリードすると、第6ゲームで3本のブレークポイントをしのいで4−2とする。第7ゲームでも再びブレークに成功して5−2とすると、第8ゲームをしっかりとキープし、そのまま勝利を決めた。

アンダーソンは試合を通じて11本のサービスエースを放ち、デウバーマンの7本を上回った。またアンダーソンは10本あったブレークポイントのうち4本をブレークにつなげ、一方のデウバーマンは2本にとどまった。デウバーマンは今週、3人の地元選手を下しての勝ち上がりだったが、4人目という訳にはいかなかったようだ。

これで両者の戦績はアンダーソンの2勝0敗となった。アンダーソン同様、デウバーマンもツアー初優勝を狙っていたが、次回へ持ち越しとなった。今回は両者ともに、2度目のツアー決勝進出となっていた。

(2011年2月7日10時29分)
その他のニュース

7月18日

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

7月15日

望月慎太郎 ジュニア世界1位 (22時02分)

錦織7位 7/15付の世界ランク (17時00分)

大坂2位 7/15付の世界ランク (16時00分)

グランドスラム2大会連続V (15時30分)

初優勝で世界1位へ (15時00分)

望月 錦織は「素晴らしい人」 (11時00分)

ジョコ「喜び超える感情」 (9時52分)

錦織圭 快挙の望月慎太郎を祝福 (8時49分)

フェデラー「これが現実」 (7時08分)

望月慎太郎「快挙の実感ない」 (6時19分)

フェデラー惜敗「忘れない」 (4時31分)

ジョコV5「誇りに思う」 (4時02分)

ジョコビッチ 死闘制しV5 (3時08分)

国枝 ウィンブルドン初V逃す (3時06分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョコ (3時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!