- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「ツォンガの声援が必要不可欠」デビスカップ決勝へフランス・チーム

12月3日から5日にかけて、セルビアの首都であるベオグラードで開催される男子国別対抗戦(デビスカップ)の決勝戦で、敵地セルビアと臨むフランスはエースであるJW・ツォンガ(フランス)を怪我で欠くも、彼のコートサイドからの応援が、チーム一丸となって勝利を獲得するには必要不可欠だと考えている。

今週末に行われるその決勝戦にツォンガは、出場選手としてチームに参加はできないものの、G・フォルジェ(フランス)監督率いるフランスチームに同行して観客席から声援を送る意向を明らかにしている。

フランスは今年、準々決勝ではスペイン、準決勝ではアルゼンチンと強豪国をいずれも5勝0敗で下して勝ち上がって来た。準決勝でも選手として出場出来なかったツォンガだったが、観客席からの彼の声援で、チームに火がついたと語るのは1991年に祖国を優勝に導いたH・ルコント(フランス)氏。

「鍵はジョー(ツォンガ)だ。準決勝で彼はプレーをしていなかったが、その全てを始めたのが彼だったんだ。彼は一人大声を上げて“みんな、優勝カップを勝ち取ろう”と叫んで選手達を震い立たせたんだ。それは本当に必要なことさ。」

技術指導者として帯同しているP・アゲロール氏でさえ「チームスピリットが最高なんだ。怪我にも関わらずジョーは、最初から最後までチームと共に行動してくれたんだ。」とツォンガの功績と、チームの結束力に彼は多大な貢献をしたことを語った。

フランスチームにはトップ10選手は一人もいない。世界ランク12位のG・モンフィス(フランス)始め、今月パリでのBNPパリバ・マスターズで、セルビアのエースであるN・ジョコビッチ(セルビア)を下し、現在自己最高位の23位にいるM・ロドラ(フランス)がツォンガに代わってチームを引っ張る。加えてG・シモン(フランス)A・クレマン(フランス)の布陣で挑む。

これまでもフランスは、番狂わせを演じて来た。最後に優勝を飾った2001年の決勝戦では、敵地オーストラリアで当時世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)N・エスクード(フランス)が敗り優勝カップをフランスへ持ち帰った。

現在女子チームの監督を務めるエスクード氏も、チーム・スピリットがあの時も、そして今年も鍵を握ると語る。「チームへの気持ちが最重要だと信じている。ツォンガを怪我で欠くものの、今回のメンバーはこれまでにないほど、個々の才能にも恵まれている。」

2008年に初めてワールドグループ入りしたセルビアは、これまで1回戦の壁を突破出来ずにいたが、今年は世界ランク3位のジョコビッチをエースに決勝の舞台まで勝ち進んで来た。そして地元ベオグラードでフランスを迎え撃つ。

敵地でその強豪と戦うフランス監督のフォルジェ氏は「何も怖いものはない。ジョコビッチや彼のチームがどれほど強いかなんて分かっているさ。」と、月曜日に行われた公式練習後の記者会見で語った。「敵地で戦うと、そのアウェーの雰囲気の中での試合は時には厳しいものになる。それは心して臨まなければならない。しかし、どんな試合になろうとも、我々はそれを楽しみにしている。」と意欲的だ。

BNPパリバ・マスターズでジョコビッチを下す番狂わせを演じたロドラは、この決勝戦でジョコビッチと再戦の可能性もある。シングルスへ出場する2選手は木曜日に決まる。現在、モンフィスの次に高いランキングにいるロドラだが、チームメートのシモンか、誰がシングルスに起用されるかはまだ決まっていない。

ロドラは「準備はできている。だが、それを決めるのはフォルジェ監督さ。」と語りやる気を見せているものの、ダブルスのスペシャリストでもあるロドラは、決勝戦までの勝ち上がりでダブルスで出場し、その全てで勝利を獲得していた。

サーブ&ボレーを得意とするロドラは、パリのマスターズ大会ではかなり早いコートだったため、そのプレースタイルが功を奏していた。ジョコビッチは「芝のコート以外で、あそこまで早いコートで試合をしたことがないほど早いコートだった。この決勝戦のコートはかなり遅いコートなんだ。彼(ロドラ)と対戦するのは何も問題はない。これまでも彼を破って来たからね。」と、サーフェースの違いに自信を膨らませていた。

ジョコビッチはV・トロイキ(セルビア)J・ティプサレビッチ(セルビア)、ダブルス巧者のN・ジモンイッチ(セルビア)とのメンバーでフランスを迎え撃つ。

今年の世界1の国を決めるデビスカップ決勝戦。どの試合も手に汗握る白熱した試合になることは必至。オフシーズンを目前に、最後の力を振り絞って栄冠を勝ち取るのはフランスか、地元開催で初優勝を狙うセルビアか。

(2010年12月1日9時09分)
その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!