- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達が単複で勝利◇全日本テニス選手権

第83回ニッケ全日本テニス選手権大会(有明/東京、ハード)は14日、女子シングルス準決勝を行い、第7シードのクルム伊達公子(日本)と第9シードの瀬間友里加(日本)がそれぞれ勝ち上がり、決勝で対戦することとなった。

優勝した1992年以来、16年ぶりに全日本に出場しているクルム伊達は、第1シードの中村藍子(日本)を6-3, 6-3のストレートで、瀬間は第3シードの米村知子(日本)を6-4, 6-4で、それぞれ下し決勝進出を決めた。

またこの日はダブルスの準々決勝も行われ、第6シードのクルム伊達/藤原里華(日本)組は、岡田上千晶(日本)/黒田祐加(日本)を2-6, 7-6 (7-4), 6-4の逆転で破り、準決勝に進出している。

この他の試合の結果は以下の通り。

【女子ダブルス準々決勝】

米村明子(日本)/米村知子(2) ○−× 東友賀/矢部由希子(日本), 6-1, 6-1

新井麻葵(日本)/飯島久美子(日本)(5) ○−× 波形純理(日本)/宮村美紀(日本)(4), 6-2, 2-6, 6-3

青山修子(日本)/川村美夏(日本) ○−× 浜村夏美(日本)/前川綾香(日本)(3), 7-6 (8-6), 6-4

【ミックスダブルス準決勝】

佐藤博康(日本)/岡本聖子(日本)(1) ○−× 吉備雄也(日本)/青山修子, 7-5, 3-6, [10-7]

篠川智大(日本)/井上明里(日本) ○−× 黎明(アメリカ)/新井麻葵(2), 6-0, 6-3

(2008年11月14日22時24分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!