- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヤンコビッチの快進撃止まる エナンが激戦を制し決勝進出

(アメリカ、ニューヨーク州フラッシング)

白熱するUSオープンは金曜日、女子準決勝が行われ、第2シードのJ・エナン(ベルギー)=アルデンヌが今大会台風の目となっていた第19シードJ・ヤンコビッチ(セルビア)を4-6,6-4, 6-0の逆転で下し、見事決勝進出を決めた。序盤、完全に押されていたエナン=アルデンヌだったが、最後は10ゲームを連続して奪う猛攻をみせての勝利。

今季全仏オープンを制覇したエナン=アルデンヌは、これで1997年のM・ヒンギス(スイス)以来となる、同年に行われたグランドスラム全4大会で決勝に進んだ選手となった。

試合は、序盤ヤンコビッチが強烈なストロークで終始ゲームを支配し、第1セットを奪い、第2セットもリードし試合を決めにかかる。信じられないショットを連発するヤンコビッチは、決勝進出は目の前というところまでエナン=アルデンヌを追い詰めるが、ここで若さがヤンコビッチの邪魔をする。アウトコールの判定に対し不必要なまでに主審に抗議したヤンコビッチは、自ら集中力を乱しゲームを失うと、その後エナン=アルデンヌの息を吹き返らせてしまう。結局、ヤンコビッチの精神的乱れをついたエナン=アルデンヌが、その後10ゲームを連続で奪い決勝進出を決めた。

勝利したエナン=アルデンヌは、「がけっぷちから生還したような試合だった。彼女(ヤンコビッチ)は恐ろしいくらい調子が良くて、まるで火がついたようなプレーだった。おそらく2、3年前の自分だったら負けていたと思う。一年に4度のグランドスラム決勝進出は本当に嬉しい。」と笑顔でコメント。

一方のヤンコビッチは、「勝てる試合だった。第2セット、4−2とリードしていたにもかかわらず、主審のせいで集中力が切れてしまった。彼(主審)はボールがインなのかアウトなのかすら分かっていなかった。その後ダブルフォルトを犯しゲームを落としてしまった。あれが大きなポイントだった。あのとき5−2に出来ていたら、全く違った展開になっていたと思う。」と悔しさを滲ませていた。

敗れはしたが、ここまで第9シードのN・バイディソバ(チェコ共和国)、第6シードのS・クズネツォワ(ロシア)、第4シードのE・デメンティエワ(ロシア)らを撃破する活躍を見せてきたヤンコビッチには、会場から暖かい拍手が送られていた。



(2006年9月9日11時48分)
その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!