大坂なおみ「大阪Vは格別」

tennis365.net
初優勝を果たした大坂なおみ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン・パシフィック・オープン(日本/大阪、ハード、WTAプレミア)は22日、シングルス決勝が行われ、第1シードの大坂なおみが世界ランク41位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)を6-2, 6-3のストレートで破り、大会初優勝を果たした。日本勢の同大会優勝は、1995年の伊達公子以来24年ぶりの快挙。

決勝戦、好調の大坂はファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得。パブリュチェンコワを圧倒して1時間9分で勝利し、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来今季2勝目、キャリア通算4勝目をあげた。

全豪オープン後に世界ランク1位へ上り詰めた大坂は早期敗退が続き女王の座から陥落するなどの苦しい時期を乗り越え、完全復活を印象づける優勝を成し遂げた。

生まれ故郷の大阪でタイトルを獲得した大坂は表彰式のスピーチで「私が生まれた大阪で優勝できたのは格別。毎試合、みなさんがパワーをくれた。本当にありがとう」と喜びを語った。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂の元コーチ バイン氏語る
・大坂、新コーチに求める3つ
・大坂なおみ 金銭問題を否定

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月22日14時04分)
その他のニュース