西岡良仁 ツアー初Vの快挙

tennis365.net
優勝の西岡良仁。写真は全米OP
画像提供:tennis365.net

男子テニスの深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)は30日、シングルス決勝が行われ、世界ランク171位の西岡良仁が同67位のPH・エルベール(フランス)を7-5, 2-6, 6-4のフルセットで破り、ツアー初優勝を果たした。日本男子では松岡修造錦織圭杉田祐一ダニエル太郎に次ぐ史上5人目の快挙を成し遂げた。

>>錦織vs杉田 1ポイント速報<<

>>錦織ら楽天OP対戦表<<

決勝戦、両者一進一退の攻防から第9ゲームで西岡が0-40と3本のブレークチャンスを握るも、このチャンスを逃す。その後、パッシングショットを決めるなどで優位に立った西岡は、ダブルスで通算13勝を誇るエルベールからミスを誘い出して第11・第12ゲームを連取し、第1セットを先取。

第2セットは第1ゲームで粘り強いプレーからポイントを獲得してブレークする。しかし、エルベールのショットが決まり始めると第3ゲームから6ゲーム連取を許してセットカウント1-1となる。

ファイナルセットも流れはエルベールに傾き、西岡は第2ゲームでブレークポイントを握られるピンチを迎える。だが、このゲームを何とかサービスキープすると、第5ゲームでブレークに成功。以降もエルベールの強打を振り切り、深セン・オープン制覇の頂点に立った。

今大会、西岡は予選2試合に勝利し本戦入り。1回戦でD・クドラ(アメリカ)、2回戦で第6シードのD・シャポバロフ(カナダ)、準々決勝でC・ノーリー(英国)、準決勝で第5シードのF・ベルダスコ(スペイン)を破り決勝へ駒を進めていた。

9月27日に23歳の誕生日を迎えた西岡は、昨年3月に世界ランク58位を記録するも膝の負傷でツアーを離脱。そして2017年末のATPチャレンジャーで復帰すると、5月の金泉チャレンジャー(韓国/金泉、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝を飾っていた。

10月1日に開幕する楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、ハード、ATP500)にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する西岡は、初戦でN・キリオス(オーストラリア)と対戦する。

また、同日のダブルス決勝ではマクラクラン勉/ J・ソールズベリー(英国)組がR・リンドステッド(スウェーデン)/ R・ラム(アメリカ)組を下して優勝を果たした。

「楽天ジャパンオープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!
国内で行われる唯一の男子テニスATPツアー。“日本のエース”錦織圭をはじめ、杉田祐一、ダニエル太郎ら日本人選手の活躍に注目!

【放送予定】
10/1(月)~10/7(日)[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・西岡、錦織「超強かった」
・西岡良仁に独占インタビュー
・錦織 楽天「もちろんV目指す」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年9月30日20時56分)
その他のニュース
アシックステニスシューズ
ナイキテニス