国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 最後のウィンブルドンで涙

マレー
涙を流すアンディ・マレー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は日本時間5日(現地4日)、男子ダブルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場したA・マレー(イギリス)/ J・マレー(イギリス)組はR・ヒジカタ(オーストラリア)/ J・ピアース(オーストラリア)組に6-7 (6-8), 4-6のストレートで敗れ初戦敗退となった。

>>【動画】マレー涙、最後のウィンブルドンで大歓声に包まれる<<

>>【動画】フェデラーら出演、マレーへ感動のビデオ<<

シングルスの元世界ランク1位で、ウィンブルドンでの2度の優勝を含む四大大会3勝を誇る37歳のアンディ・マレーは今季での引退を示唆しており、今回が最後のウィンブルドンであると発言してきた。

しかし、先月19日に行われたシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)2回戦を腰の負傷により途中棄権すると、その後同箇所の手術を敢行。手術から約10日間でウィンブルドンのシングルス初戦を迎えることとなっていたが、シングルスは試合前に棄権を表明した。

シングルスを欠場したマレーだったが男子ダブルスには兄のジェイミーとのペアで出場を決意。この日、センターコートで1回戦を戦いヒジカタ/ ピアース組を相手に善戦したもののストレート負けを喫した。

試合後にはセレモニーが行われ、マレーのキャリアを振り返るビデオが流された。ビデオには過去の映像とともに、R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)らも出演しマレーにメッセージを送った。

マレーはこのビデオを見終えると思わず涙。会場からは大きな歓声と拍手が約1分間マレーに送られ続けた。

マレーはオンコートインタビューで引退への胸中を明かした。

「(引退は)とてもつらい。プレーを続けたいんだ。でも身体的にそれができない。とてもつらいよ。怪我が積み重なり、どれも小さなものではなかった。これからもずっとプレーしたかった。このスポーツが大好きなんだ。テニスは僕にたくさんのものを与えてくれた。残りの人生で役立つたくさんの教訓を教えてくれた。やめたくない。だからつらい」

また、四大大会などで長年しのぎを削り合い、自身を含めBIG4と呼ばれたフェデラー、ナダル、ジョコビッチについても言及した。

「彼らは良い感じだったよね(笑) 簡単には倒せない相手だった。この時代にプレーできて本当にラッキーだった。テニスファンはみんな彼らが成し遂げたことを目の当たりにできて幸運だ。彼らが成し遂げたことは信じられないことだった」

「僕は幸運にも大事な瞬間を何度か切り抜けることができた。このツアーに参加できて本当によかったよ」

なお、マレーは今後E・ラドゥカヌ(イギリス)とのペアで混合ダブルスに出場する予定。混合ダブルス1回戦ではM・アレバロ(エルサルバドル)/ ザン・シュアイ(中国)組と対戦する。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・錦織・大坂ら 日本勢6名の初戦決定
・芝で3時間半の死闘「驚いた」
・ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月5日6時14分)

その他のニュース

7月24日

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!