国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 全仏ファン「不適切なこともある」

ノヴァーク・ジョコビッチ
3回戦進出を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク63位のR・カルバレス バエナ(スペイン)を6-4, 6-1, 6-2のストレートで破り、19年連続19度目の3回戦進出を果たした。試合後の会見でジョコビッチは今大会のファンの声援について私見を述べている。

>>ジョコビッチ、シナーら全仏OP組合せ<<

>>シフィオンテク、サバレンカら全仏OP組合せ<<

大会2連覇と4度目の優勝を狙う世界ランク1位のジョコビッチ。今季はこれまでマッチ14勝6敗、獲得タイトルは0という状況で全仏オープンを迎えた。

1回戦ではワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク142位のPH・エルベール(フランス)を6-4, 7-6 (7-3), 6-4のストレートで破り、20年連続20度目の初戦突破を果たした。

そして2回戦の第1セット、第1ゲームでブレークを許したジョコビッチだが直後の第2ゲームでは絶妙なドロップショットを決めすぐさまブレークバックに成功。その後はサービスキープが続くも終盤となる第10ゲームでジョコビッチが2度目のブレークを奪い先行する。

続く第2セット、ジョコビッチは開始から4ゲームを連取。第5ゲームで1度ブレークを返されるも第6ゲームで3度目のブレークに成功し、セットカウント2-0と勝利に王手をかける。そして第3セット、第1ゲームでジョコビッチはネットと審判台の間を通す絶妙なポール回しを披露しブレークに成功。自身はファーストサービスが入ったときに85パーセントの高い確率でポイントを獲得し1度もブレークポイントを与えず。第5ゲームで2度目のブレークを奪い、2時間4分で勝利した。

試合後の会見でジョコビッチは記者から今大会のファンについて質問を受けた。前日には女子世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)がオンコートインタビューの場面でファンに声援・声掛けの部分でお願いをするシーンもあった。

ジョコビッチはファンに関し「そうだね。まず、彼らはとても情熱的なファンだ。時に彼らは簡単ではないけどね。僕はここのファンと恋をしてきたし、厳しい試合や厳しいシーズンもあったのも確かだ。僕はその両方を経験した。もちろん、少なくともコート上では中立的な雰囲気を保ちたいものだけど、いつもそうなるとは限らないんだ」とコメント。

「フランス人選手と対戦する場合はそうなる。大きな戦いになることを意識しなければならないんだ。対戦相手だけでなくね。でも、ある意味それが普通。特に彼ら(フランス選手)が劣勢であればなおさらだ。時には大声で、不適切なこともあると思う」

「でも、それは僕らの仕事の一部だ。スポーツの一部なんだ。僕らはサッカーやバスケットボールとは違う。でも同時に、いい雰囲気を作りたいとも思う、選手としてはね。僕の立場から言うと、ファンの声援を見たいし、その雰囲気を見たいんだ。それはウィンブルドンとは明らかに違う。あそこには歴史と文化と伝統がある。でも、他の大会ではファンの声援や歌の合唱などを見たいものだ。応援したり、歌を歌ったりするのを見たいんだ」

「選手や国のために。それはとても美しいことだと思う。でも、その一線を越えて、選手や国を軽んじるような行為になるのは、微妙なラインだと思う。選手に対して無礼になり始めると思うんだ。僕もそういう特殊な状況を何度か経験しているからね。だから僕は、選手を軽蔑し、罵声を浴びせる人々に対して立ち上がる者を支持したい。寛容になれるとは限らないよ。不必要なエネルギーを他に費やしたくないからね。でもね、時には、罵声を浴びせてくる相手と向き合わなければならないこともある。叱咤されることもある。それしかないんだよ(笑)」

勝利したジョコビッチは3回戦で第30シードのL・ムセッティ(イタリア)と対戦する。ムセッティは2回戦で世界ランク37位のG・モンフィス(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)や第5シードのD・メドベージェフ、第7シードのC・ルード(ノルウェー)、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)らが3回戦へ駒を進めている。

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント
・綿貫 陽介が全仏OP欠場
・初戦でナダル回避「よかった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月31日7時54分)

その他のニュース

6月25日

【告知】錦織圭vsナヴォーネ (6時55分)

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!