国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年Vメド敗退「精度足りなかった」

ダニール・メドベージェフ、ヤニック・シナー
シナーに敗れたメドベージェフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は29日、シングルス準決勝が行われ、昨年王者で第3シードのD・メドベージェフは第2シードのJ・シナー(イタリア)に1-6, 2-6のストレートで敗れ、2年連続2度目の決勝進出とはならなかった。敗れたメドベージェフは試合後「ミスが多く、精度が足りなかった」と明かした。

>>【動画】まるでPlayStation! シナーが驚異のディフェンス力からポイント獲得<<

>>ズベレフvsディミトロフ 1ポイント速報<<

2021年と2022年に8強、昨年大会は大会初制覇を飾った世界ランク4位のメドベージェフ。今大会はディフェンディング・チャンピオンとして出場し、初戦の2回戦で同86位のM・フチョビッチ(ハンガリー)、3回戦で第30シードのC・ノリー(イギリス)、4回戦で同50位のD・ケプファー(ドイツ)、準々決勝で第22シードのN・ジャリー(チリ)を下し4強入りした。

そして迎えた準決勝、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初タイトルを獲得し、先月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)も制した世界ランク3位で22歳のシナーと対戦した。

第1セット、メドベージェフは第2ゲームでいきなりブレークポイントを与えるとシナーに強烈なフォアハンドショットを決められブレークを許す。直後の第3ゲームではブレークバックのチャンスを2度握るも活かせず、第4ゲームで2度目のブレークを奪われ先行される。

続く第2セット、勢いに乗るシナーに第1ゲームでブレークを許すと第5ゲームで2度目のブレークを奪われゲームカウント1-5と突き放される。その後はブレークを返すことができず、シナーのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームでは1本目のマッチポイントをものにされ、わずか1時間9分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにメドベージェフのコメントを掲載し「僕のプランは全豪オープンと同じように、普段よりもアグレッシブにプレーすることであったが、それは常にリスクを伴うものなんだ。練習コートでやっても、僕のプレーはカウンターやディフェンシブなスタイルだからね」と語った。

「試合序盤に使った戦術に問題はなかったと思う。でも、ミスが多く、精度が足りなかった。確かに、こういう試合の後はもっと早く変えるべきだったのではないかと考えてしまう。もっと良くしたかったけど、それができなかった。次に彼と対戦するときは自分が何をするのか、どのように成長するのかを見てみるつもりだよ」

また、昨年5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)以来タイトルから遠ざかっていることについては次のように述べた。

「僕は世界最高の大会でプレーしている。大会ごとに見てみると上位の選手に負けていると思う。僕は何度か決勝戦まで進んだけどシナー、N・ジョコビッチ(セルビア)C・アルカラス(スペイン)に負けた。間違いなく彼らに勝ちたいし、彼らよりも上手くなりたいと思っている。でも、それができなかったから精神的な面でもプレー面でも、もっと努力しなければならないね」

今後については「クレーコートではモンテカルロ、ローマ、マドリード、そして全仏オープンに出場するするつもりだ。そこでタイトルを獲得するのは難しいかもしれないけど、(ATP250で)年間10大会をプレーすればタイトルは獲れると思う。決して自信を持ちすぎているわけではないけど、きっとできると思うよ。でも、僕は世界最高のトーナメントでプレーし挑戦したいんだ」と言及した。

なお、勝利したシナーは決勝戦、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と第11シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)のどちらかと対戦する。

[PR]WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)~4/1(月)「ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)~4/7(日)「ATPツアー 250 ヒューストン」


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・シナー完勝 メド撃破でV王手
・昨年王者メド4強 シナー戦へ
・メド 3度目の正直ならず全豪準V

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年3月30日10時30分)

その他のニュース

4月14日

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

【告知】ルードvsチチパス (17時02分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

4月11日

チチパスがズベレフ撃破し8強 (22時46分)

【1ポイント速報】ジョコビッチ、ズベレフら3回戦 (20時15分)

ATPとヨコハマタイヤが契約締結 (18時18分)

錦織圭、次週バルセロナOP欠場 (16時50分)

日比野菜緒が公開練習に登場 (14時10分)

世界4位エース不在も日本戦に自信 (12時42分)

大坂なおみ「戦略的なプレーを」 (12時08分)

大坂なおみらBJK杯組合せ決定 (11時34分)

【中止】島袋/内山vs松井/上杉 (11時14分)

メド 主審に激怒「アウトだろ」 (8時31分)

ナダル、バルセロナOP出場を切望 (7時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!