国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

17歳 石井さやかプロ転向を発表

石井さやか
石井琢朗、石井さやか、(株)ユニバレオ・久川聡代表
画像提供: tennis365.net
女子テニスでITFジュニア世界ランク12位、17歳の石井さやかが20日に記者会見を開き、21日付でプロ転向をすることを発表した。

現役時代に2432安打を放った元プロ野球選手の石井琢朗を父に持つ石井は、5歳からテニスを始めると小学生の頃から海外遠征を重ねて全国小学生テニス選手権(東京/第一生命相娯園テニスコート、レッドクレー)や全日本ジュニアテニス選手権(大阪/大阪市、ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター)など、あらゆる国内タイトルで上位進出を果たす。

2019年の全国選抜ジュニアテニス選手権大会(千葉県・吉田記念テニス研修センター/ハードコート)では14歳以下で優勝を飾り、2021年には16歳以下の国別対抗戦のU16ジュニア・ビリー・ジーン・キング・カップby BNP Paribas(トルコ/アンタルヤ、クレー)で日本代表として準優勝。

2021年9月から拠点をアメリカに移し、昨年6月にはツアー下部大会のITF W15モナスティル(チュニジア/モナスティル、ハード、ITF)で準優勝をおさめ、11月には国別対抗戦のビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバのプレーオフ「日本対ウクライナ」戦で代表に初選出された。

また今年1月の全豪オープン・ジュニア(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では、単複でベスト4進出を果たしている。

石井は20日に行われた記者会見で21日よりプロに転向し、株式会社ユニバレオと所属契約を結んだことを発表。記者会見には現在横浜DeNAベイスターズのチーフ打撃コーチを務める父・琢朗氏も同席した。

石井はジュニア時代の思い出の大会として、「(2019年の)14歳以下の全国選抜ジュニアで優勝をしたことです。それまでずっと準優勝が続いていて、初めて優勝ができたのですごい嬉しかったです」とコメント。

単複で4強入りを果たした1月の全豪オープンジュニアについて「もちろん優勝したかった気持ちはありますが、初めてグランドスラム・ジュニアでベスト4という結果を残して少し自信になったこともありますし、もっと頑張ろうという気持ちになりました」と語った。

そしてプロとして将来の目標は「グランドスラムで優勝することです」と明言した。

「ウィンブルドンが1番好きです。初めてウィンブルドンを(観客として)観に行った時が、プロになりたいと思ったキッカケになりました。会場の雰囲気も1番好きです」

また尊敬する選手(アスリート)として、「プリスコバ選手が憧れの選手です。お父さんも尊敬する選手です」と答え、父親については「努力する人、1人の選手としてすごく尊敬しています」と述べた。

続いて父の琢朗氏は「(自身の)34年前の大洋ホエールズの入団会見を思い出していました。その時の両親の心境が今の僕の心境なのかなと思い、すごい感慨深いです」とコメント。

「ここがゴールではなく、小さい頃から『プロになりたい、グランドスラムで優勝をしたい』と目標を掲げてきて、いつしかそれが家族の目標となり、やっとスタートラインに立てたと思います。明日からのプロ活動こそ、自分の実力で勝ち抜いて戦っていかなければならないと思います。試練もいっぱいあると思いますがユニバレオさんをはじめ、私自身も彼女の父親として出来る限りのサポートをしていきたいと思います。元プロアスリートとして、またこれからはさやかのいちファンとして応援していければ良いなと思います」

また娘さやかのアスリートとしての強みについて「親譲りの負けず嫌いなところ。試合の劣勢に立たされた時に力を発揮する、追い込まれてからの力の出し方はすごいと思います」と語った。

所属先となる株式会社ユニバレオの久川聡代表からは、石井に「会う人みんなを勇気づけて、会う人みんなを笑顔にする選手になってもらいたいと思います」とエールが送られた。

石井はプロ転向後の初戦として28日より始まる甲府国際オープンテニス(日本/山梨、ハード、ITF25)に出場し、その翌週のかしわ国際オープンテニストーナメント(日本/千葉、ハード、ITF25)に出場する。その後は拠点のアメリカに移動し、ITF大会に出場していく予定。




■関連ニュース

・石井さやか 全豪ジュニア4強
・石井さやか「攻めていけた」
・日本代表発表、石井が初選出

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月20日12時45分)

その他のニュース

2月23日

12度BPセーブ 苦戦もズベレフ4強 (19時11分)

女王が7連勝、全豪準Vを撃破 (18時09分)

錦織圭に並び17歳6カ月で8強 (17時15分)

2連覇目指すチチパスが4強 (16時41分)

ガウフが主審に猛抗議、父「娘は誇り」 (15時32分)

17歳の超新星フォンセカが8強へ (15時05分)

元世界2位の決意 テニスへ「全てを捧げる」 (13時51分)

予選からガウフ撃破し4強へ (12時31分)

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

2月20日

大波乱 全豪Vの世界2位が初戦敗退 (20時51分)

世界11位が全豪OP以来の勝利 (19時13分)

ワウリンカ 前週Vと激突「挑戦」 (18時32分)

3時間死闘制し今季マッチ2勝目 (17時43分)

ダニエル62位 西岡は84位 (16時30分)

シナーを称賛「優勝しても驚かない」 (12時55分)

今季2度目の途中棄権で涙 (11時12分)

強風ものともせず快勝 中国選手初の白星 (10時13分)

好調プリスコバ 要因は新コーチ就任 (8時36分)

フリッツ 大会史上2人目の連覇達成 (7時23分)

【動画】ヤストレンスカの新曲「Hearts」 (0時00分)

【動画】フェデラーが公開した華麗なストローク (0時00分)

【動画】勝負を分けた運命の「1ポイント」 (0時00分)

【動画】セットポイントを逃がし"ご乱心" (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!