国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全豪OP ベストマッチ6つ厳選

ステファノス・チチパス、アンディ・マレー、アンドレイ・ルブレフ
(左から)チチパス、マレー、ルブレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)のシングルス優勝で幕を閉じた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)。大会の公式サイトは30日に2023年大会を振り返り、男女シングルスのベストマッチ6試合を発表している。

>>【動画】全豪OP マレーの5時間死闘などベストマッチ6試合のハイライト<<

>>【動画】ジョコビッチ 10度目の全豪OP優勝を決めた瞬間<<

大会最終日である29日に行われた男子シングルス決勝では第4シードのジョコビッチが第3シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-3, 7-6 (7-4), 7-6 (7-5)のストレートで破り、2021年以来2年ぶり10度目の優勝。R・ナダル(スペイン)に並ぶ史上最多タイとなる22度目のグランドスラム制覇を成し遂げて大会を締めくくった。

そして、30日に全豪オープンの公式サイトはベストマッチ6試合を次のように紹介している。

女子シングルス決勝:(5)A・サバレンカ vs. (22)E・ルバキナ(カザフスタン), 4-6, 6-3, 6-4

この決勝戦は、「スリリング」という言葉を再定義し、センターコートのロッドレーバー・アリーナと世界中のファンをその忘れがたいクオリティで高揚させた、時代を超えた試合となった。

昨年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)女王であるルバキナはこの試合、過去3度対戦して一度も勝ったことのない相手に対し、序盤から主導権を握った。それに対しサバレンカは51本のウィナーを奪うなど、ゲームプランに忠実にプレー。最終ゲームでは感情を抑え、冷静さを失わず、4度目のポイント獲得で勝利を決めた。サバレンカは今大会が初の四大大会決勝の舞台となったが、悲願の優勝を飾った。

試合後には「今感じていることを説明するのは難しい。ただ、とても幸せ。超ハッピー。誇らしい。どう説明したらいいのかわからない。ただただ最高の...人生最高の日。私の人生の中で最高の日なの」とコメントを残している。

男子シングルス2回戦:A・マレー(イギリス) vs. T・コキナキス(オーストラリア), 4-6, 6-7 (4-7), 7-6 (7-5), 6-3, 7-5

今大会で最も注目されたのは、1回戦で昨年4強入りしたM・ベレッティーニ(イタリア)との4時間49分に及ぶ死闘をフルセットで制した3度のグランドスラム・チャンピオンと地元の観客に人気のある選手とが対戦する試合だった。

この試合、コキナキスは2セットアップで第3セットを迎え、ゲームカウント5-2とリード。ゲームカウント5-4でサービング・フォー・ザ・マッチを迎え、勝利まであと2ポイントというところだった。しかし、35歳のマレーはここから怒涛の反撃。5時間45分という試合の中で14回のブレークポイントのうち10回凌ぎ、自身のキャリアで最も長い試合を制した。

マレーは試合後に「なんとか逆転できたのが信じられない。僕は2セットダウンから最も多く勝利しているから、以前にもやったことがあるんだ。僕には経験がある。その経験と意欲を頼りにしているだけだよ」と明かしている。

女子シングルス4回戦:(17)J・オスタペンコ(ラトビア) vs. (7)C・ガウフ(アメリカ), 7-5, 6-3

ラトビアのテニス界で現在トップに立つオスタペンコは2017年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で優勝。2022年の全仏オープンで準優勝したガウフから直近で最高の勝利をもたらし、5年ぶり3度目のグランドスラム8強入りを決めた。

この日、3度のブレークチャンスを全てものにし、30本のウィナーを放ったオスタペンコは「失うものは何もなかったから、ただ自分のベストを尽くし、すべてのポイントで戦い、彼女を苦しめることができたわ」と試合後に述べている。

男子シングルス4回戦:(5)A・ルブレフ vs. (9)H・ルーネ, 6-3, 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (11-9)

ロッドレーバー・アリーナで繰り広げられた最も壮絶な戦いの一つで、ルブレフは2つのマッチポイントを凌いだ後、魂のこもったウィナーで19歳ルーネから勝利をもぎ取った。

ルブレフは試合後、「ファイナルセットではゲームカウント2-5でリードされ、第11ゲームではで2度のマッチポイント、そしてスーパータイブレークでは0-5とされた。僕の人生の中で、ここから勝てたことは一度もなかった。特に、全豪オープンのような特別な大会でこのようにして準々決勝に進出できたことは、一生忘れることのできない思い出になった。言葉も出ないし、震えているよ」とコメントしている。

女子シングルス4回戦:(24)V・アザレンカ vs. ヂュー・リン(中国), 4-6, 6-1, 6-4

2度の全豪オープン優勝を誇るアザレンカが「地獄のような試合だった」と明かしたこの一戦。自身が今大会で戦ってきた試合の中で最も長い2時間40分で逆転勝利を収めた。

この試合、41本のウィナーを放ち14回のブレークポイントのうち9回を凌いだアザレンカは「今日はひたすら走り回り、あらゆる角度から弾丸が飛んでくるような感じだったわ。彼女(ヂュー)は素晴らしいテニスをし、多くのウィナーを決めた。コントロールするのは難しかった」と明かしている。

男子シングルス4回戦(3)S・チチパス vs. (15)J・シナー(イタリア), 6-4, 6-4, 3-6, 4-6, 6-3

この試合、チチパスは強敵シナーの反撃を封じるべく、最高のテニスを披露。4時間に及んだ試合は、息を呑むようなストロークの応酬が繰り広げられるも、チチパスが26回のブレークポイントのうち22回凌ぐ、強靭なメンタルを見せつけた。

「このコートで1世紀を過ごしたような気がする」と激闘を制したチチパスは冗談を交え、「第3セット、第4セット、コートの向こう側で信じられないようなテニスを展開していた。でも、ファイナルセットでは技術的な調整を行い、もう少しルーズに展開できるようにした」と語っている。

[PR]西岡 良仁、ダニエル 太郎、綿貫 陽介ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土) 2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・マレー大逆転「経験がある」
・マレー 深夜早朝の試合に不満
・マレー「とても誇らしい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月31日11時40分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!