国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭「挑戦はここから」

錦織圭
錦織圭(2021年)
画像提供: ゲッティイメージズ
30日に閉幕した本ジュニアの各年代の頂点が決する大会、ユニクロ 全日本ジュニアテニス選手権 2022(大阪/大阪市、ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター)の大会アンバサダーを務める錦織圭から出場者に向けたビデオメッセージが公開された。

>>ユニクロ 全日本ジュニアテニス選手権を取材!原﨑朝陽らの試合映像!錦織 圭がアンバサダーの大会とは?!<<

12歳以下、14歳以下、16歳以下、18歳以下の年代別に男女の単複が行われる日本のジュニア最高峰のこの大会。今年から新たにユニクロが大会のタイトルスポンサーとなったことが今年6月に発表され、大会名に冠されている。

さらに、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーを務める錦織が、同大会のアンバサダーに就任。錦織は、2001年に12歳以下男子シングルスの部門で優勝を果たしている。

大会初日の23日に続き、30日の閉幕後にユニクロの公式Twitter「UNIQLO_Ambassadors」で、錦織のビデオメッセージが掲載された。

「みなさん、こんにちは。ユニクロ全日本ジュニアテニス選手権の大会アンバサダー、錦織圭です。参加したジュニアのみなさん、お疲れさまでした。それぞれが努力してきたからこそ、感じたことや学んだことが多かったのではないでしょうか。なかには挫折を経験した人もいるかもしれません。僕は、そのすべてが成長の糧になると信じています。今日で大会は終わりますが、みなさんの挑戦はここからです。これからも感謝の気持ちを忘れず、一緒にがんばりましょう」

またユニクロのタイトルスポンサー契約、そして錦織のアンバサダー就任に伴い、今年の全日本ジュニアでは新たな取り組みが始まる。その一つが「優勝者海外派遣プログラム」。

各カテゴリーの男女シングルス優勝者(計8名)とベスト&フェアプレー選手(男女各1名)を対象に、錦織の本拠地であるIMGアカデミーにて実施する海外派遣プログラムへ招待。大会アンバサダーである錦織とのトレーニングセッションも予定している。

各カテゴリー、各種目の決勝戦の結果は以下の通り。

■18歳以下 決勝結果


シングルス優勝の原崎朝陽、砂田未樹

【男子シングルス決勝】
(1)原﨑朝陽(ノア・テニスアカデミー神戸垂水)6-4, 6-1 中西康輔(岡山理大附)

【女子シングルス決勝】
(13)砂田未樹(松商学園)1-6, 6-2, 2-0 (7)田邑来未(城南学園)途中棄権

【男子ダブルス決勝】
(7)大桐壮央(ノアジュニアテニスアカデミー茨木)/ 永山寛基(浪速学院)ペア 3-6, 7-6 (7-3), [10-8] 大森瀬那(INABA T.S.)/ 寺島拓斗(サムライPAL)ペア

【女子ダブルス決勝】
砂田未樹/ 山﨑さくら(松商学園)ペア 3-6, 6-4, [10-4] (5)長谷川采香(たちかわジュニアテニスアカデミー)/ 小高未織(昭和の森ジュニアテニススクール)ペア

■16歳以下 決勝結果


シングルス優勝の富田悠太西村佳世

【男子シングルス決勝】
(5)富田悠太(ノア・テニスアカデミー神戸垂水) 6-0, 6-2 (7)神山宏正(TEAM YONEZAWA)

【女子シングルス決勝】
(2)西村佳世(親和女子) 6-1, 6-1 北原結乃(Team YUKA)

【男子ダブルス決勝】
(9)宮里琉星(佐土原)/ 喜久川楓(沖縄尚学)ペア 6-3, 6-3 五十嵐涼太(仙台育英学園)/ 佐藤颯基(ダンロップ泉パークタウンTC)ペア

【女子ダブルス決勝】
(3)成田百那(名経大市邨)/ 津田梨央(名経大市邨)ペア 6-3, 6-2 (7)田島楓(トップランAIOI)/ 里菜央(トップランAIOI)ペア

■14歳以下 決勝結果


シングルス優勝の田畑遼、山本晄

【男子シングルス決勝】
(5)田畑遼(むさしの村ローンテニスクラブ)6-0, 7-5 (3)尾崎奏多(ラボキッズジュニア)

【女子シングルス決勝】
(5)山本晄(MAT Tennis Academy)6-3, 6-0 (3)小坂莉來(LYNX TA 奈良)

【男子ダブルス決勝】
川西飛生(TEAM KIT)/ 辻本悠嗣(GETT)ペア 2-6, 7-6 (8-6), [10-2] 中川晶生伶(海星ジュニアテニスチーム)/ 太田周(長崎TLD)ペア

【女子ダブルス準決勝】
(8)石田実莉(Ai Love All Tennis Academy 香枦園)/ 水口奈美希(TEAM GROWING)6-4, 6-1 布川優(大磯テニスアカデミー)/ 塩津愛(松原テニスクラブ横浜)ペア

■12歳以下 決勝結果


シングルス優勝の川口孝大、駒田唯衣

【男子シングルス決勝】
(3)川口孝大(はちおうじ庭球塾) 6-4, 6-1 橋本大輔(善福寺公園テニスクラブ)

【女子シングルス決勝】
(11)駒田唯衣(GITC)6-3, 6-2 (4)若菜蘭(三重GTC)

【男子ダブルス決勝】
(1)橋本大輔/ 川口孝大ペア 6-2, 7-6 (7-4) 近野司樹(龍tennis)/ 大塚仁一朗(ABCテニスアカデミー)ペア

【女子ダブルス決勝】
(2)鈴木楓乃(Wishテニスクラブ)/ 鈴木美波(Wishテニスクラブ)ペア 6-2, 4-6, [10-5] 川中一花(T.K.C Jrアカデミー)/ 西村娃璃(T.K.C Jrアカデミー)ペア


>>UNIQLO_Ambassador Twitter<<




■関連ニュース

・全日本Jr18歳以下、結果
・全日本Jr16歳以下、結果
・全日本Jr14歳以下、結果
・全日本Jr12歳以下、結果

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年8月31日6時49分)

その他のニュース

6月22日

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

【動画】世界2位アルカラス撃破!ドレイパー勝利の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!