国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シフィオンテク TFは「最高」

イガ・シフィオンテク
イガ・シフィオンテク
画像提供: Tecnifibre
女子テニスで世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)がオンライン・インタビューに応じ、自身が契約するテクニファイバーのラケットについて「テクニファイバーは最高なギアを出していると思うわ」と述べた。

今季、2月のカタール・トータルエナジーズ・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、WTA1000)、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)で優勝。マッチ17連勝を維持し、4月18日付の世界ランクで28人目、ポーランド人としては初のNO.1となった。

「正直、ここ最近試合数がとても多かったので優勝できてホッとしている。身体がもつか不安だったがなんとか成し遂げた! いま17連勝中でいつまで続くかわからないので思いっきりお祝いしたいと思う」

「世界1位になるのは小さい頃からの夢だった。また、ポーランド人初の世界1位なのでとても光栄に思う。私のはじめてのラケットはテクニファイバーだった。テクニファイバーのラケットと共に世界1位になれてとても嬉しい気持ち」

2021年1月1日にテクニファイバーとの契約締結を発表したシフィオンテク。今シーズンは新モデルの『Tempo 298』を使用しツアー大会を回っている。このラケットの良さについて、次のように触れている。

「好きな点は沢山ある! まず、私の新しいアグレッシブなプレースタイルにとても合うラケットだと思う。バラエティに富んでいるラケットなのでトップスピンを打つときもフラットのショットを打つときも、全てに対応してくれるフレーム。1年間、様々なコンディション(天候・コートサーフェス)でプレーをするけど、このいろんなコンディションに適応するラケットだと思う」


イガ・シフィオンテクが現在使用しているテクニファイバーの「Tempo 298」

「デザインも大好き! 白いラケットなのでとてもエレガントだと思う。テニスはエレガントのスポーツなので合っていると思う。そして、自分のオートグラフ(シグナチャー)が載っているのもとても気に入っている」


自身のオートグラフが刻まれている

また、ストリングについては「ラケットを変えた時、ストリングも Razor Code1.25 に変えた。前、使用していたストリングにとても似ていて問題なくスイッチできた。柔らかいフィーリングでありながら、ハードヒットしてもボールがコートに収まるので気に入っている。テンションはサーフェスとコンディションで異なるけど、今は24kg (53lbs)で張っている」と明かした。

ジュニア時代にはテクニファイバーを使用していたシフィオンテク。2020年に全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)優勝後に再びテクニファイバーにした理由について明かしている。

「全体的にテクニファイバーは今までより、品質がいいと感じたからよ。会ったスタッフの方たちに様々な(ラケットの)選択肢を与えられ、一番自分に合う物を選ぶことが出来た。スタッフの温かさ・柔軟な考え方もすぐに気に入った」


ジュニア時代のイガ・シフィオンテク

「実はラケットを変える事を決める前、オーストリアでテクニファイバーのスタッフの立ち合い付きで試打テストを行った。本当にプロフェッショナルな対応をしてくれた。このような対応でテストを行ったのは初めてだったのでビックリした。ボールスピードもアップするように、スピンもコントロールももっと操れるようにオンコートで微調整をしてくれた。そのおかげですぐ使い易いフレームで気持ちよくプレーする事ができた」


ジュニア時代のイガ・シフィオンテク

テクニファイバーとの関係については「私の初めてのラケットはテクニファイバーだったのでセンチメンタルな(懐かしい)ブランド。数年間、少しお休み期間があったけど、今になって戻ってきてやはり身近なブランドだと感じる。とても親切な気遣いをしてくれる良いブランドよ。なのでラケットのブランドを変える時は迷わなかった」と語った。

取材協力: Tecnifibre S.A




■関連ニュース

・シフィオンテク TFと契約
・シフィオンテクのラケット発売
・シフィオンテク 1位が確定

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年4月24日19時30分)

その他のニュース

4月16日

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【告知】西岡vsムナル (11時35分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

【告知】ダニエル太郎vsオコネル (10時20分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!